貯金を仕組み化!毎月手間なく着実に資産形成する方法。

お金

こんにちは

みなさんは毎月しっかりと貯金はできていますか?

去年の今頃とたいして貯金額が変わっていないという方も多いのではないでしょうか?

お金を貯める意識はあるのになかなか思うように貯金ができず給料日前になるとお金が無いという経験は誰もがあるかと思います。

そんな貯金がどうしても上手くいかないという方のために貯金を仕組み化して毎月着実に貯蓄を増やす方法やおすすめな貯金方法をまとめました。

最初は少額の貯金であっても毎月着実に預金残高が増えていくという成功体験をすることで貯金に対する意識も変わり自然とお金が貯まるようになりますよ。

貯金をする準備

まずは貯金をしていく上で事前に準備をしておくと効率よくお金を貯めることが可能です。

ですが事前準備で時間がかかってしまい貯金が始められないと本末転倒ですから貯金をしながら準備も同時に勧めていくのがおすすめですよ。

口座を2つ用意する

生活費と貯蓄を1つの口座で管理するのはおすすめではありません。そのため貯金をしていく上で銀行口座は必ず2つ用意しましょう。

1つは生活費などの支払いをする生活用口座でもう1つは貯金をする貯蓄専用口座です。

生活費と貯蓄を完全に分け資金の目的を明確にすることで効率よく貯金をすることができますよ。

2つの口座の使い分けに関してはこちらでまとめています。

毎月の支出を確認する

毎月どのくらいの支出があり、何にどのくらいのお金を使っているかを把握しましょう。

貯金がなかなか上手くいかないという方は毎月の支出を把握していない場合が多いです。そういった方は3ヶ月で良いので家計簿をつけてみるのがおすすめです。

百円単位など細かくなくて大丈夫です。大まかにでも良いので一度自分の支出を確認することで無駄な出費を見つけることができるかと思います。

そこで使用していないサービスを解約したり固定費を下げることができるものがあればどんどん削減していきましょう。

収入を増やすのも大事ですが支出を減らすことが最重要です。

毎月の固定費の下げ方に関してはこちらでまとめています。

おすすめな貯金方法

僕自身も毎月行っているおすすめな貯金方法を3つまとめました。

おすすめな貯金方法

  • 無かったつもり貯金
  • 自動出金サービスを利用した貯金
  • つみたてNISAの自動積立

それぞれ詳しく解説していきますね。

無かったつもり貯金

無かったつもり貯金とは

給料などの収入があった場合に何よりも先に一定額を貯金用口座に移動し残ったお金でその月の生活を送る貯金方法です。

貯金に回したお金は無かったものと考えることで無駄使いも減りますし、着実に貯金をすることができます。

収入−生活費=貯金ではお金はなかなか貯まりません。

収入−貯金=生活費とすることで毎月着実に貯蓄を増やしていくことが可能です。

また毎月の貯金額に関しては最初は少額から貯金していくのがおすすめです。

少額でも毎月着実に貯蓄が増えていくことで意識も変化し自然に貯金額も増えていくかと思います。

最初からハイペースで貯金をするのは挫折の原因となりますから無理の無い範囲で始めましょう。

自動出金サービスを利用した貯金

無かったつもり貯金では毎月自分で生活用の口座から貯金用の口座に一定額を振り込まなければなりませんよね。

この手間を省くために貯金の仕組み化をしましょう。貯金の仕組み化をすることで毎月の資金移動を忘れてしまう心配もなくなります。

また

今月は支出が多そうだから貯金はやめておこう…

ある程度貯蓄も貯まったから今月は貯金はしなくて良いか…

このような私情で貯金が止まってしまうのを貯金の仕組み化をすることで防げるというメリットもあります。

そんな貯金の仕組み化をする上で便利なのが銀行の自動出金サービスです。

自動出金サービスとは

事前に設定した銀行あてに毎月決まった日に決まった金額を自動で振り込むサービスです。

一度設定してしまえばそれ以降は完全に自動で振込が行われますからうっかり振込を忘れてしまうという事もないかと思います。

毎月の貯金用口座への振込を手動で行うか自動にするかの違いですので自動出金サービスの利用がおすすめですよ。

貯金の仕組み化をすることで毎月淡々と貯蓄を増やすことが可能です。

つみたてNISAの自動積立

つみたてNISAであれば毎月決まった金額で投資信託の自動買い付けが可能ですからある程度の資金がたまりましたら徐々に投資に資金を回していきましょう。

つみたてNISAも最初の設定以降は自動で積立されますから仕組み化することで毎月一定額を資産運用に回すことが可能です。

そもそもつみたてNISAって何?

という方もいるかと思います。

つみたてNISAとは

少額投資非課税制度のことでつみたてNISAで投資をしたことで発生した利益に関しては非課税となります。

またつみたてNISAで買い付け可能な投資商品は金融庁が厳選した商品のみとなっており投資初心者の方でも大きな失敗はしにくくなっています。

つみたてNISAに関しては投資となりますから貯金とは少し違い、利益がでることもあれば損失がでてしまう可能性もあります。

ですが銀行預金でまとまった現金を寝かせておくのもリスクがありますから少額でも投資に回すことで資産形成のスピードをあげましょう。

またつみたてNISAを利用するには証券口座の開設が必要です。

僕も使用している楽天証券が使いやすく楽天カードで積立投資が可能ですからこれから証券口座の開設をされる方は楽天証券がおすすめですよ。

楽天証券に関してはこちらでまとめています。

最初の目標は100万円

今までほとんど貯金をしていないという方はまずは1つの目標として100万円を目指して貯金していくのがおすすめです。

貯金を仕組み化することで100万円はそこまで遠い目標では無いはずです。

毎月の貯金額の目安として100万円をどの程度の期間で貯金するかを決めましょう。

例えば1年で100万円を貯める場合は毎月84000円を貯金することで目標を達成できます。

84000円は少し厳しいという方は目標を2年にすることで毎月の貯金額は42000円となります。

ただ漠然と貯金をしていくよりも目標を決め最初は無理のない範囲で貯金していくことで挫折しにくくなります。

また100万円の貯金を達成する頃にはお金に対する意識も大きく変わっているはずですから、100万円の壁を超えた後はさらに資産形成のスピードも上がっていくかと思います。

ある程度まとまった資金があると心にも余裕が生まれますし、お金に対する不安感も少なくなりますから日々の生活のフットワークが軽くなりさらなる収入の増加につながる可能性もあります。

最初にしっかりと目標を定めることが貯金をしていく上で重要です。

さいごに

貯金がなかなか上手く行かない場合は貯金を仕組み化することで少額でも良いので少しずつ貯蓄を積み重ねましょう。

そのうち貯金のコツが掴め段々と貯蓄額も増えていくはずです。ある程度貯まった資金は投資に回すことで効率よく資産形成をしていきましょう。

また銀行にまとまった資金を寝かせておくのは少なからずリスクがあります。銀行預金のリスクに関してはこちらでまとめています。

タイトルとURLをコピーしました