リボ払いとは?リボ払いの危険性を解説

お金

こんにちは

みなさんはクレジットカードのリボ払い、使っていますか?

リボ払いを使ったことが無い方も一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

カード会社によってはメールでリボ払いへの切り替えを勧誘してくることやリボ払いの利用でポイント還元を受けられるなど様々な施策を行っている場合もあります。

またリボ払いの勧誘メールには「毎月の支払額の調整ができる」「毎月の支払額が一定で安心」など一見すると便利なサービスに見えてしまいますよね。

ですが結論から言うとリボ払いは大変危険な返済方法であり、気付くと返しきれないほどに借金が膨れ上がってしまうことがあります。

そのためリボ払いは絶対に選んではいけない支払い方法といえます。

今回はリボ払いが危険な理由と返済が長期化してしまう仕組みなどを解説していきます。

もしこれからクレジットカードを作る方や最近作ったばかりという方は支払い方法がリボ払いになっていないか確認してから使うのがおすすめですよ。

そもそもリボ払いとは?便利そうなサービスだけど何が危険なの?

こういった疑問のある方の参考になるかと思います。

リボ払いとは?

リボ払いの危険を知る上でリボ払いとは何なのかを理解することが重要かと思います。

まずクレジットカードには大きく分けて以下の3つの支払い方法があります。

  • 1回払い

1回払いとはクレジットカードの利用額を翌月に1回で払い切る最もスタンダードな支払い方法です。

  • 分割払い

分割払いとはクレジットカードで商品を購入した際に商品代金を指定した回数で払い切る支払い方法です。商品ごとに分割払いとなりますので指定した回数で必ず支払いが終了します。

  • リボ払い(リボルビング払い)

リボ払いとはクレジットカードの利用額や利用回数に関係無く毎月決まった金額を支払う支払い方法です。

追加のクレジットカード利用額もリボ残高として積み上がります。

リボ払いとはクレジットカードの支払い方法の1つということですね。

特徴としては毎月の支払い金額を一定にすることができ高額な買い物をした場合でも毎月の支払い額は変わりなく利用ができるサービスとなっています。

これだけ聞くとすごく便利そうだけど…

確かにリボ払いのメリットとしては毎月の支払いが一定となりますから月々の支出負担が軽くなることかと思います。

ですが現在の負担は軽いかもしれませんが将来の自分へ負債を押し付けているだけとも言えます。

リボ払いが危険な理由

リボ払いが危険な理由をまとめました。

  • 高すぎる手数料
  • 返済期間の長期化
  • 返済額の膨れ上がり

高すぎる手数料

リボ払いを利用すると包括信用購入あっせん手数料(リボ手数料)というものが発生します。

要は支払い残高に掛かる金利の事ですが、リボ払いはとにかくこの金利が高すぎます

カード会社によって手数料は違いますが大体のカード会社が年利15%としている事が多いです。

年利15%ってどのくらいだろう…

例えば10万円を年利15%で1年間借りた場合は利息分が1万5千円となります。元金と合わせると11万5千円の返済ということですね。

ですがリボ払いの場合は毎月定額で返済していきますから毎月の支払い残高に応じた利息を月々支払うことになります。

月ごとの利息の計算方法としては

元金×金利÷12=当月の利息

で利息がいくらか求められます。これを10万円のリボ払いで15%の金利だった場合を当てはめてみましょう。

10万円(元金)×15%(金利)÷12(1ヶ月分)=1250円(当月の利息)

数字で見るとその利息の高さに驚きますよね。

銀行預金で受け取れる利息が平均で年間0.01%ですからリボ払いの金利は銀行預金の1500倍ということになります。

逆にカード会社からすればリボ払いは大きな利息収入となりますからできるだけ多くの人にリボ払いを利用してもらおうと様々な施策を行っているんですね。

ポイントや特典欲しさにリボ払いに切り替えてしまうと逆に損をしてしまう可能性もありますのでおすすめしません。

返済期間の長期化

リボ払いの特徴としてクレジットカードの利用額や利用件数に関わらず毎月の支払額は一定となっています。

そのためクレジットカードの利用額が毎月の支払い額を上回っている場合はいつまでも支払いが終わりませんよね。

それだけでは無く支払い残高が増えるほど掛かる利息も相対的に増えていきますからさらに支払いの長期化、負担の増加へと繋がっていってしまいます。

またリボ払いが長期化してしまうのは支払い方法にも原因があります。

リボ払いには複数の支払い方法があり、支払い方法によって支払い期間や掛かる利息に違いがあります。

リボ払いの支払い方法で主要なものをまとめました。

  • 元利定額リボルビング方式
  • 元金定額リボルビング方式
  • 残高スライドリボルビング方式

なんだか難しそう…

名前は難しそうですが、どれも仕組みはシンプルです。

それぞれの支払い方法を詳しく見ていきましょう。

元利定額リボルビング方式

元利定額リボルビング方式とは毎月の返済額に利息を含む返済方法です。

例えば

  • 支払い残高   10万円
  • 金利(手数料) 15%
  • 月々の支払い  1万円

この場合1ヶ月目の利息は1250円となります。

支払額の1万円の内訳としては(元金8750円+利息1250円)となります。

10万円完済までの支払い回数は11回で支払う利息は合計7497円となります。

特徴としては支払い残高がいくらでも毎月の返済額は変わらない点かと思います。

ですが支払い残高が多いほど利息の割合が高くなり、元金が減りませんから結果的に支払いの長期化へ繋がってしまいます。

元金定額リボルビング方式

元金定額リボルビング方式とは毎月決まった元金に利息を足して支払う返済方法です。

先ほどと同じ条件でみてみましょう。

  • 支払い残高   10万円
  • 金利(手数料) 15%
  • 月々の支払い  1万円

1ヶ月目の利息は1250円となります。

元金定額リボルビング方式の場合は1ヶ月目の支払額は11250円となります。

内訳は(元金1万円+利息1250円)となります。

10万円完済までの支払い回数は10回で支払う利息は合計6875円となります。

元金定額リボルビング方式ですと毎月決まった額の元金を返済できますから元利定額リボルビング方式よりも返済期間も短く、利息も少なく済みます。

ですが支払い残高に応じて毎月の返済額が変わりますので注意が必要ですね。

残高スライドリボルビング方式

残高スライドリボルビング方式とは支払い残高に応じて毎月の最低返済額が段階的に変わる返済方法です。

例えば

リボ残高が0〜10万円の場合は月々の最低返済額5千円

リボ残高が10〜20万円の場合は月々の最低返済額1万円

このように支払い残高に応じて最低返済額が段階的に変わっていきます

この最低返済額の事をミニマムペイメントと言います。

また最低返済額以上であれば毎月の支払い金額を変更することもできます。

多くのカード会社はリボ払いに残高スライド方式を採用しており、カード会社によって最低返済額は違います。

また残高スライドリボルビング方式にも元金定額方式と元利定額方式の2種類があります。

どの返済方法であっても返済期間が長期化しますのでリボ払いはおすすめしません。

返済額が膨れ上がる

リボ払いの設定をしているとクレジットカードの利用分がすべてリボ残高として積み上がっていきます。

もし毎月のクレジットカード利用額が毎月のリボ返済額を上回っていると、どんどんリボ残高が増えてしまいますよね。

これに気付かずにクレジットカードを使い続けるとある日クレジットカードの限度額に達することになります。

考えただけで最悪な状況ですよね…

例えば限度額が100万円のカードの場合で考えてみましょう。

  • 支払い残高   100万円
  • 金利(手数料) 15%
  • 月々の支払い  2万円 

この場合1ヶ月目の利息は12500円となります。返済額の半分以上が利息ですから恐ろしいですよね。

これを元利定額方式で返済した場合は完済までの支払い回数は79回支払う利息は合計579052円となります。

リボ払いですと毎月の返済額にもよりますが100万円の返済であっても6年以上かかりますし利息が約58万円とかなり高額になってしまいます。

ただ限度額までリボ払いを利用してしまう方はあまりいませんよね。

ですが高額な買い物をしても毎月の支払いは一定となりますから使い過ぎてしまい気付くと返しきれない程の借金が積み上がってしまう事があるのがリボ払いの怖いところかと思います。

さいごに

今回はリボ払いの危険性や何故支払いが長期化してしまうのかをまとめました。

リボ払いや分割払いを多用せずに基本的には一回払いでクレジットカードを利用し、もし1回払いで支払えないものは買わないというのが良いかと思います。

もし現在リボ払いをすでに利用してしまっている方は繰り上げ返済で少しでも早く元金を減らし、これ以上リボ残高を増やさないのが良いかと思います。

1回払いだけでの利用であればクレジットカードはすごく便利ですし、利用者に多くのメリットがあります。

またこれからのキャッシュレス時代には無くてはならないツールですよね。

もし現在クレジットカードを持っていないという方は僕もメインで使っている楽天カードがおすすめです。

楽天カードの発行でキャンペーンポイントが受け取れますからお得にカード発行が可能ですよ。

また楽天カードのメリットが気になる方はこちらも参考になるかと思います。

タイトルとURLをコピーしました