クレジットカード決済でサインが必要な場合と不要な場合の違いとは?

クレジットカード

こんにちは

キャッシュレス生活をしているとクレジットカードでの支払い頻度が高くなりますよね。

僕自身も毎日クレジットカードを使い店舗での決済をしております。

このカード決済ですが店舗によってはサインや暗証番号の入力を求められたり、またはサインなど無く決済が完了したりと支払いの時に様々な対応が必要ですよね。

使っているカードは同じなのになぜ店舗によって対応が違うのだろう?

こういった疑問を持っている方も多いかと思います。

今回はサインや暗証番号が必要な店舗、不要な店舗の違いや、クレジットカード裏面の署名の重要性などをまとめました。

サインの必要性

そもそもなぜクレジットカード決済でサインが必要なのでしょうか?

クレジットカードでの支払い時はサインをするのが基本となりますが何故サインが必要なのか知らない方もいるのではないでしょうか?

クレジットカードとは審査をクリアした本人の信用を担保として後払いで利用することができます。

そのためクレジットカード所有者本人以外の使用はたとえ家族であっても固く禁止されています。

ですが店舗側としてはカードを提示している人が本人かどうかの確認がとれませんよね。

そこでサインを求め、カード裏面の署名と見比べる事で本人である事を確認し安心した取引が可能となっています。

クレジットカード裏面に署名が無い状態でカードを使用するのは規約違反となります。

万が一紛失や盗難で不正利用された場合に被害額を保証されなくなる可能性がありますので必ず署名してからカードを使うようにしましょう。

サインレス決済

最近はクレジットカードでの支払いであってもサインや暗証番号の入力が不要な店舗が多くなってきており、コンビニやスーパーなどではサインを求められることがありませんよね。

こういったサインも暗証番号の入力も不要な決済をサインレス決済といいます。サインが不要なのでサインレス。そのまんまですね。

ではなぜサインが必要な店舗と不要な店舗があるのでしょうか?

それはサインレス決済が可能な店舗はカード会社とサインレス決済の契約を結んでいるためサイン無しでの決済が可能となっているんですね。

サインレス決済は不正利用が心配…

サインレス決済は会計がスピーディに済みますので便利な反面本人確認が出来ません

そのため第三者が不正利用していても店舗側は気付くことが出来ず、カード所有者も店舗側にとっても大きなリスクとなりますよね。

ですがサインレス決済には店舗ごとに1度の決済額に上限が定められており上限額を超えた場合はサインが必要とすることでリスクヘッジをしています。

サインレス決済についてまとめました。

  • カード会社と店舗でサインレス契約を結んでいる場合にサインレス決済が可能
  • スピーディに支払いが可能
  • サインレス決済には店舗ごとに上限額がある
  • サインレス決済の場合は1回払いのみ

サインと暗証番号

サイン以外にも暗証番号の入力を求められることもありますよね。

サインと暗証番号の違いを見てきましょう。

  • ICチップ付きのカードで利用可能
  • 店舗にICカード対応端末があれば利用可能
  • セキュリティ性が高い

ICチップ付きのクレジットカードのみが暗証番号での決済が可能です。

ちなみにICチップとはカード券面に付いているこのようなチップのことです。

最近のクレジットカードであればほとんどがICカードとなっており暗証番号の設定をされているかと思います。

サインでの決済ですと、サインの特徴をとらえ第三者が本人になりすまして不正利用をする事が出来てしまいますよね。

ですが暗証番号は所有者本人でなければ知り得ない情報ですので、サインよりも不正利用のリスクは低くなります。

そのためICチップを利用した暗証番号での決済は現在のクレジットカード決済で一番セキュリティ性が高いといえます。

ただしICカードでの決済は店舗側もICカード対応の端末が必要であることからICカードであっても全ての店舗で暗証番号による決済ができるわけではありません。

ICカードの暗証番号は専用端末へ入力します。口頭で暗証番号を聞かれる事はありません。

第三者に暗証番号が漏れてしまうと危険ですから注意が必要ですね。

さいごに

クレジットカードは大変便利でありキャッシュレス生活には欠かせないものですし現金払いよりもかなり多くのメリットがありますよね。

ですがクレジットカードには少なからずリスクがあるのも確かです。

所有者に過失が無ければカード会社から保証が受けられますが、規約違反をしていると保証が受けられなくなる可能性があります。

意外と家族間でカードの貸し借りをしていたり、カードの裏面に署名せずにカードを使用している方も多いのではないでしょうか?

これらの行為は規約違反となりますので注意が必要ですね。

タイトルとURLをコピーしました