医療保険の入院限度日数は何日が正解?

保険

医療保険に加入する時に必ず決める「入院限度日数(支払限度日数)」ですが何日に設定するのが正解か悩んでしまいますよね。

保険全般に言えることですが将来の不確定なことを考えて決断するわけですから本当にむずかしい選択かと思いますしいくら悩んでも答えはでません…。

ですからこのような不確定なことを選択するときは平均値を参考にすることが重要です。

厚生労働省が平均入院日数を公表していますのでそれを確認しながら最適な入院限度日数を考えましょう。

入院限度日数とは?

まずはそもそも「入院限度日数」とは何か?をまとめました。

入院限度日数とはケガや病気で入院をして医療保険を利用する際に保険金が支払われる日数のことです。

例えば60日入院をした場合に入院限度日数を90日型にしていれば60日分の保険金が支払われますが、30日型に加入していた場合は60日入院したとしても30日分の保険金しか支払われません。

この入院限度日数は基本的に30日型、60日型、90日型、120日型がスタンダードですが中には長期の入院に備えた360日型、730日型というものもあります。

入院限度日数は長いほうが安心だなぁ…

こう思われる方が多いかと思いますが、入院限度日数を長く設定すればその分毎月の保険料が高くなってしまいます。

ですから保障と保険料のバランスがとれたちょうど良い内容に設定することが大事です。

入院限度日数は何日にするべきか?

結論から言うと入院限度日数は「60日型」が一番おすすめです。

ではなぜ「60日型」がおすすめなのか現在の平均入院日数を見ながら確認してみましょう。

平均入院日数はどのくらい?

まずは実際に入院した場合はどのくらいの期間入院するのかを確認してみましょう。

厚生労働省が公表している平成29年度の年齢別平均入院日数をまとめました。

年齢平均入院日数
0〜14歳7.4日
15〜34歳11.1日
35〜64歳21.9日
65歳以上37.6日
75歳以上43.6日
総数29.3日

全体の平均入院日数は29.3日となっており、ほとんどの方が30日以内には退院していることがわかりますね。

比較的入院が長期化しやすい75歳以上の方でも平均入院日数は43.6日となっており、ご高齢の方であっても大多数が60日以内に退院しているようです。

意外と入院日数が短くおどろく方も多いのではないでしょうか?

以前はじっくり長期入院して治療する事が普通でしたが現在では入院が短期化しており、退院後は通院で治療する方向へシフトしています。

ですがアルツハイマー病や精神疾患など一部、平均入院日数が200日を超える病気があるのも事実です。

ですがすべての不安事に保険をかけるといくらお金があっても足りませんよね。

ですから発生する確率の高い平均値をカバーする内容で保険を選ぶのがベターです。

平均入院日数の推移

だんだんと短期化していく入院日数ですが過去から現在までの平均入院日数の推移が気になったので調べてみました。

厚生労働省が公表している1994年(平成6年)〜2019年(令和元年)までの平均入院日数をまとめました。

平均入院日数
1994年
(平成6年)
45.5日
1995年
(平成7年
44.2日
1996年
(平成8年)
43.7日
1997年
(平成9年)
42.5日
1998年
(平成10年)
40.8日
1999年
(平成11年)
39.8日
2000年
(平成12年)
39.1日
2001年
(平成13年)
38.7日
2002年
(平成14年)
37.5日
2003年
(平成15年)
36.4日
2004年
(平成16年)
36.3日
2005年
(平成17年)
35.7日
2006年
(平成18年)
34.7日
2007年
(平成19年)
34.1日
2008年
(平成20年)
33.8日
2009年
(平成21年)
33.2日
2010年
(平成22年)
32.5日
2011年
(平成23年)
32日
2012年
(平成24年)
31.2日
2013年
(平成25年)
30.6日
2014年
(平成26年)
29.9日
2015年
(平成27年)
29.1日
2016年
(平成28年)
28.5日
2017年
(平成29年)
28.2日
2018年
(平成30年)
27.8日
2019年
(令和元年)
27.3日

全体の平均入院日数の推移をまとめました。

1994年には45.5日だった平均入院日数が2019年には27.3日となっており、25年の間に18.2日も短期化していることがわかりますね。

平均にすると1年あたり0.7日ずつ平均入院日数が短期化していることとなります。

この先も間違いなく入院日数は短期化していくことになりますから30日型でも十分では?とも考えられますよね。

確かに医療保険を頻繁に使用するのがまだまだ先な10代や20代の方であれば30日型がベターかもしれません。

ですが1、2年後に万が一入院するようなことがあった場合は30日型では少し心もとないですから現時点では60日型がベストな保障内容と言えます。

まとめ

現在の医療体制を考えると30日型では少し短いですし90日型では長すぎると言えます。

今後の医療の進歩を考えても現時点では医療保険の入院限度日数は「60日型」を選択するのがベストです。

またシンプルでわかりやすい保障内容にすることが保険を選ぶ上で大事なポイントです。

ですがどうしても自分や家族のこととなると保障を手厚くしてしまい過剰な保険に加入してしまう方が多いです。

もしも保険選びで悩んでしまっている方は一度プロに無料相談し第三者の意見を取り入れることで正解が見つかりやすくなりますよ。

また入院日額はいくらに設定するべきかを悩んでいる方はこちらも参考になるかと思います。

タイトルとURLをコピーしました