医療保険は60歳払済と終身払いどちらがおすすめか?

保険

医療保険の払い込み期間を「60歳払済」「終身払い」のどちらで契約するべきか悩んでしまいますよね。

「保険料の支払いは60歳までで保障は一生涯つづきます」このようなキャッチコピーは一見お得で安心感があるように感じてしまいますよね。

ですがこのキャッチコピーは「60歳までに一生分の保険料を前払いしてもらうのでそれ以降の支払いは不要です」と言い換えることができます。

結論としては医療保険の払込期間は「終身払い」で契約されるのがおすすめです。

そこで今回は「60歳払済」の問題点や「終身払い」と「60歳払済」でどのくらい保険料に差がでるのか?などをまとめました。

医療保険の契約内容で悩んでいる方の参考になるかと思います。

医療保険の払い込み期間とは?

そもそも医療保険の払い込み期間である「終身払い」と「60歳払済」とはどういう違いがあるのか?をまとめました。

医療保険を契約する上で払い込み期間は大事な選択ですからしっかり理解することが重要です。

終身払い

終身払いは上記の図のように「保険料の払い込み期間=保障期間」であり、保険料を支払う限り保障が継続するとてもシンプルな契約です。

毎月の保険料は低く抑えられますが、解約しない限り一生涯保険料を支払うこととなります。

60歳払済

60歳払済は上記の図のように保険料の支払いは60歳までで、60歳以降は保障のみを一生涯継続して持ち続けることができるんですね。

「終身払い」と比べると毎月の保険料は高いですが定年前に保険料の支払いを済ませ老後の負担を軽くすることができます。

60歳払済保険の問題点

「終身払い」と比較しつつ「60歳払済」の問題点をまとめました。

60歳払済の問題点

  • 毎月の保険料が高い
  • 保険見直しの足かせになる

毎月の保険料が高い

60歳払済の医療保険はなんだかお得に感じてしまいますが、実際は一生分の保険料を60歳までに前払いしているだけなんですね。

そのため終身払いと比較すると60歳払済の毎月の保険料はとても高くなってしまいます。

実際に終身払いと60歳払済でどのくらい保険料に差があるかを確認してみましょう。

ネット保険大手の公式サイトで以下の条件で比較をし、月々の保険料を算出しました。

比較の条件と月々の保険料

  • 30歳男性
  • 入院日額1万円
  • 入院限度日数60日
  • 手術給付金 入院中10万円、外来5万円
  • 特約なし

終身払いの場合の保険料
月々3156円

60歳払済の場合の保険料
月々5376円

終身払いに比べて60歳払済は毎月2220円、年間で26640円もの負担増となりました。

年間2万5千円を超える差ですから数十年契約することを考えると無視できない金額ですよね。

また60歳払済で医療保険を契約した場合に30歳から60歳までの30年間で払い込む保険料は193万5360円となり、この額を終身払いの保険料が上回るのは81歳の時点です。

つまり60歳払済で契約をした場合は60歳時点で81歳までの保険料を前払いしていると言えます。

ですからもしも81歳までに保険を解約した場合や万が一亡くなった場合には前払いした保険料は払い損になってしまうんですね。

ですが現在は長寿命ですから81歳よりも長生きする可能性も十分ありますよね。

それであれば60歳払済のほうが良いのかなぁ…?

こう考える方も多いかと思いますが、60歳払済には「保険見直しの足かせになる」という大きな問題点があります。

次で詳しく解説していきます。

保険見直しの足かせになる

60歳払済の大きな問題点は将来保険を見直すときに足かせになることです。

60歳払済の場合は将来の保険料を60歳までに前払いしていますから、当然60歳になる前に解約をしてしまうと損をすることになってしまうんですね。

ですから60歳払済で契約をした場合は60歳までは解約をしないことが大前提となります。

保証内容はしっかり選んだから解約なんてしないよ

こう思われる方もおられるかと思います。

ですが現在30歳の方が60歳払済で医療保険を契約するとその保険を30年持ち続けることになりますよね。

医療は日々進歩していますから現在は十分な保証内容だとしても30年後にはとっくに時代遅れの保険となっている可能性がとても高いです。

実際に15年ほど前に販売されていた医療保険は入院日数の短期化によって今ではほとんど使い物にならなくなってしまっているんですね。

ですから現在20〜40代の若い方が契約した医療保険は将来見直しが必要になる可能性がとても高いと言えます。

その時に「払い込んだ保険料がもったいないから…」と時代遅れの保険を持ち続けるようでは本末転倒ですよね。

そのため将来、医療保険を見直すことも考えていつでも躊躇なく見直しのできる「終身払い」が圧倒的におすすめです。

まとめ

今回は医療保険の払込期間は60歳払済か終身払いのどちらにするべきかまとめました。

「将来のことを考えて60歳払済を選択した」という方がとても多くおられますが、本当に将来のことを考えた場合は終身払いが最適解と言えます。

また保険の特約や保証内容で悩んでしまっている方は一度保険のプロに無料相談されるのも1つの手かと思います。

ご自身の保証内容となると必要以上に手厚い保障で家計を圧迫してしまっている方が少なくないんですね。

ですから保険選びでは第三者の意見を取り入れることで最適な保障内容を見つけやすくなりますよ。

また失敗しない医療保険の選び方はこちらにまとめていますから参考になるかと思います。

タイトルとURLをコピーしました