インフレとデフレとは?わかりやすく解説

お金

インフレやデフレなど聞いた事はあるけれど正直よくわからない…こういった方が多いのではないでしょうか?

インフレとデフレをざっくり簡単に説明すると

・インフレとは
物の値段が上がることです。物の値段が上がると相対的にお金の価値が下がったと考えられます。

・デフレとは
物の値段が下がることです。物の値段が下がると相対的にお金の価値が上がったと考えられます。

簡単に説明すると上記の通りです。

それではもう少し詳しくインフレとデフレについて解説していきます。

インフレとは

インフレとはインフレーションの略です。

インフレ状態では物の値段が全体的に継続して上がります

物の値段が上がるということはお金の価値が下がったと言えますよね。

もう少し噛み砕くとお金自体の額面は変わりませんが、物の値段が上がると同じ物を買うにもお金がたくさん必要になりますから結果的にお金の価値が下がったと考えられます。

例えば…

現在一冊100円のノートがあったとします。今であれば100円で一冊購入することが出来ますよね。

これが1年後に150円に値上げした場合はどうでしょうか?

手元にある100円という額面は変わっていませんが、ノートが値上がりしたことにより一冊も購入できなくなってしまいますよね。

これを言い換えるとお金の価値が下がったためにノートが購入できなくなったという事です。

これが一部の商品だけではなく全体的に継続して値上がりする事をインフレといいます。

またインフレとは物の値段だけではなく、サービスに対しての値段が上がるのもインフレです。

インフレの仕組み

経済が成長していくには緩やかなインフレが理想とされており、日本も2%のインフレを目標としているんですね。

また好景気である時にインフレが発生すると言われています。

なぜ好景気の時に物の値段があがるの?

こういった疑問もあるかと思います。

それではまずインフレが経済に与える影響を見てみましょう。

インフレの流れ

1. 商品の値段が上がる

2. 商品を提供する企業の収益が増える

3. そこで働く従業員の給料が上がる

4. 給料が上がると購買意欲が上がりお金を使う人が増える

5. 様々な商品の需要が増え商品の値段がさらに上がる

6. 2番に戻る

上記の流れがループし、全体的に物やサービスの値段が上がりますが消費も増えますから結果的に経済や企業が成長していき、好景気となります。

ではインフレにはどのようなメリット、デメリットがあるのでしょうか?

インフレのメリットとデメリット

経済がゆるやかに成長していきますからインフレにはメリットが多いように感じますよね。

ですがインフレには無視できないデメリットもありますのでそれぞれまとめました。

インフレのメリット

  • 企業の収益が上昇し雇用が安定、失業者が減る
  • 企業の収益が増え、個人の所得も全体的に上昇する
  • 借金をしている人はお金の価値が減るため返済の負担が減少する
  • 円安になるため海外からの旅行者が増えさらに景気が上昇する

インフレのデメリット

  • 定年退職し貯蓄で生活している人は負担が増える
  • 資産を現金で保有している場合は資産価値が目減りする
  • 年金の受給額が実質目減りする(国にとってはメリットですよね…)
  • 円安で輸入コストが上がる

インフレにはメリットもありますがデメリットも多いです。

とくに定年退職し老後資金を切り崩して生活している世代にはインフレはとても厳しいと言えますよね。

ですから現金だけではなく資産の一部を投資に回すなどしてインフレに備えるのがおすすめですよ。

短期間で急激に物の値段が上がることをハイパーインフレと言います。ハイパーインフレが起こると紙幣の価値は暴落し紙くず同然になってしまいます。

良いインフレと悪いインフレ

物の値段がただ単に上がれば景気が良くなるというわけでは無く、物の値段が上がる原因は何なのか?が重要です。

良いインフレ

  • 需要(購入者)が供給(生産)を上回る事で発生するインフレ

この場合は企業が製品の値上げをしても需要が多いため製品が売れますから良い循環が生まれ経済が成長していきます。

悪いインフレ

  • 生産コストが上がったために製品の値段が上がる場合

この場合は需要は増えていないのに製品の値段が上がってしまう為、製品の売れ行きが悪くなり悪い循環が生まれ企業や経済の成長が停滞してしまいます。

これをコストプッシュインフレと言います。

デフレとは

デフレとはデフレーションの略です。

物の値段が全体的に継続して下がります

物の値段が下がることでお金の価値が上がったと言えます。

基本的にはインフレの逆の現象を言います。

例えば…

現在一冊100円のノートがあったとします。今は100円で一冊購入する事ができますよね。

これが1年後に50円に値下がりした場合はどうでしょうか?

100円という額面は変わっていませんがノートが値下がりし50円ですから、2冊購入することが出来ますよね。

これは言い換えるとお金の価値が上がりノートを2冊購入できるようになったという事です。

これが全体的に継続する事をデフレと言います。

いま現在の日本はずいぶん長いことデフレ状態が続いており、経済の成長が停滞していると言えます。

デフレの仕組み

日本はデフレ大国であり、バブル崩壊以降の90年代からデフレが続いておりデフレ脱却に向けて様々な金融政策が行われています。

不況下でデフレが発生する事が多いです。

デフレの方が物価が下がってお得なんじゃないの?

確かに消費者の負担は減りますが、デフレには多くのデメリットもあります。

それではデフレの流れを見てみましょう。

デフレの流れ

1. 商品の値段が下がる

2. 商品を提供する企業の収益が減る

3. そこで働く従業員の給料が減る

4. 収入が減ると節約意識が高くなり消費しなくなる

5. 様々な商品の需要が減り、さらに商品の値段が下がる

6. 2に戻る

上記の流れがループする事で物の値段が下がり、消費も減っていくため結果的に経済や企業の成長が停滞し、不景気となります。

このデフレの連鎖をデフレスパイラルと言います。

デフレのメリットとデメリット

デフレのメリットとデメリットをまとめました。

デフレのメリット

  • 現金を保有しているだけで資産価値が増える
  • 物価が下がりますので安く商品が購入できるようになる
  • 定年退職し貯蓄で生活している世代は暮らしやすくなる

デフレのデメリット

  • 企業の成長が停滞し雇用が不安定になり、失業者が増える
  • 借金がある場合はデフレにより返済負担が増える
  • 企業の成長が停滞し、全体的に収入が減る

デフレにも多くのメリットとデメリットがありますが、経済や企業が発展していくにはデフレからの脱却が重要かと思います。

ですが定年退職している世代の方たちにとってはデフレのほうが生活が豊かになると言えます。

物の値段とは?

そもそもどうして物の値段が上がったり下がったりするの?

物の値段は需要(購入者)と供給(生産)のバランスで変動します。

物の値段が上がる場合

需要(購入者)が供給(生産)を上回ると企業は製品の値段を上げても売れますからどんどん値上げをし販売します。

購入者は値上げされる前に購入しようとしますから結果的に全体の消費が増え、さらなる物価の上昇に繋がります。

物の値段が下がる場合

需要(購入者)が供給(生産)を下回ると製品が売れませんので企業は売りさばくために値段を下げて販売します。

購入者はもう少し待てばもっと安くなるのでは?という心理が働き結果的に全体の消費が減り、さらなる物価の下降に繋がります。

物の値段の上がり下がりというとても単純なことが経済や人の行動に大きな影響を与えます。

経済は生き物と言われますが本当にそのとおりですよね。

さいごに

インフレやデフレはたかが物の値段の上がり下がりですが、経済に与える影響はかなり大きいですよね。

現在お金を稼ぐ現役世代にはインフレのほうがメリットが大きく、貯蓄や年金で暮らす現役を引退した世代の方はデフレのほうがメリットがあります。

また今後はインフレに向かう可能性が高く、資産の全てを銀行預金にするのはリスクが大きいかと思います。

資産価値が目減りしてしまう前に投資などでインフレに備える事が重要です。

タイトルとURLをコピーしました