医療保険が必要な人と不要な人

保険

最近は医療保険は不要だという医療保険不要派の方の意見をよく聞くようになりました。

医療保険に加入しようとしている方は入るべきなのか入らないべきなのか悩んでしまいますよね。

医療保険に加入する必要がない方も確かにおられますが、すべての人が医療保険に入らなくても良いというのは少し過剰な意見だと思っています。

そこで今回は「医療保険が必要な人」と「医療保険が不要な人」をまとめましたので現在加入するか悩んでいる方の参考になるかと思います。

医療保険が必要な人

まずは医療保険に入るべき人に関してまとめました。

医療保険が必要な人

・貯金がない人

・国民健康保険に加入している人

・とにかく不安な人

それぞれ解説していきます。

貯金がない人

入院や手術をするととても高額な医療費を請求されるとお考えの方もおられますがこれは間違いで実はそこまでお金はかかりません。

大体1ヶ月入院すると食費なども合わせて自己負担は15万円くらいには収まるはずです。

これはなぜかというと日本にはとても優れた公的医療保険があり、医療費負担が大きくなりすぎないようにすべての人が公平に保障されているためです。

ですがいくら優れた公的医療保険があると言っても入院や手術をするとある程度まとまった資金が必要になるのも事実です。

もしものことがあった時に医療費が払えず借金をする…なんていうことは避けたいですよね。

ですから現在貯金が無いという方は医療保険でリスクに備え、ある程度資産ができた時点で医療保険の継続を検討するべきです。

こちらにどのくらいの貯蓄があれば医療保険が不要になるかをまとめていますから参考になるかと思います。

国民健康保険に加入している人

国の保障である公的医療保険ですが会社員が加入する「健康保険」と会社員以外が加入する「国民健康保険」の2つに分けることができます。

この会社員以外の方とは個人事業主やフリーランス、フリーターや無職の方など幅広く該当します。

ではなぜこの「国民健康保険」に加入している人は医療保険が必要なのかというと理由はシンプルに保障が少ないからなんですね。

国民健康保険には働けなくなってしまった場合の保障が全くありませんから、もしも長期入院などで仕事ができなくなってしまった場合は収入が完全になくなってしまいます。

ですから国民健康保険に加入している方は収入保障としても医療保険に加入されるのがおすすめですよ。

なんの公的医療保険に加入しているかわからない…

こういった方はご自身がお持ちの保険証に加入している公的医療保険が記載されていますから確認してみましょう。

また公的医療保険に関してもう少し詳しく知りたいという方はこちらが参考になるかと思いますよ。

とにかく不安な人

これは完全な感情論ですが、とにかく医療保険に加入していないと不安で仕方がないという方はとりあえず最低限の保障内容で医療保険に加入するのがおすすめです。

感情を無視してすべてを合理的に判断する事で無駄は省けるかもしれませんがストレスが溜まってしまいますよね。

ですが不安だからと必要以上に手厚い保障内容で医療保険に加入するのは安心料としては高くつきすぎますから気をつけましょう。

医療保険に加入する際は公的医療保険でカバーできない部分を補填するくらいの保障を選択すれば必要十分ですよ。

もしも最適な保障内容が選べないという方は保険のプロに無料で相談されるのも1つの手かと思います。

また最低限の保障内容の選び方に関してはこちらに詳しくまとめていますから参考になるかと思います。

医療保険が不要な人

次に医療保険の必要性が薄い医療保険が不要な人に関してまとめました。

医療保険が不要な人

・医療費用の貯蓄がある人

・会社員の人

・生涯医療保険には絶対に入らないという人

それぞれ詳しく解説していきます。

医療費用の貯蓄がある方

医療費に使っても良い貯蓄が約100万円ほどある方は医療保険は不要です。

医療費用の貯蓄が100万円もあれば長期入院した場合でも医療費で破綻してしまう可能性はとても低いと言えます。

ですがほとんどの方はマイホームの頭金や結婚資金、教育資金や老後資金などさまざまな目的に向けて貯蓄されている方が多いかと思います。

お金に色はありませんから貯めておけば何にでも使えるのがメリットですが長期入院などで貯蓄を切り崩すことになってしまうと大きくライフプランが崩れてしまいますよね。

ですから医療費に使っても良い貯蓄が無いという方は医療保険でリスクに備えることを検討しても良いかもしれませんね。

また入院するとかかるお金と減る収入に関してはこちらにまとめています。

会社員の人

会社員の方が加入する公的医療保険である健康保険には「傷病手当金」というとても手厚い保障があります。

この傷病手当金とはいわゆる休業保障でして、万が一働けなくなってしまった場合に給与の3分の2が1年6ヶ月もの期間保障されるんですね。

ですからもしも長期入院するようなことがあったとしても破綻してしまう可能性はほとんど無いと言えます。

そのため健康保険に加入されている方は医療保険の必要性はそこまで高くありません。

生涯医療保険には絶対に入らないという人

医療保険はいつでも好きなときに加入できるわけではありません。

なぜかというと医療保険に加入するには必ず保険会社の「審査」があるんですね。

今までの病歴や定期的に服用している薬の有無、健康診断での数値異常の有無などを告知しそれを元に保険会社は引き受けするか審査を行います。

場合によっては「謝絶」といって医療保険の加入を断られてしまうこともあります。

つまり医療保険には健康なうちしか加入することができないということなんですね。

「将来病気への罹患リスクが高くなったら医療保険へ加入しようかな…」とお考えの方は入りたいときには入れなくなってしまっているかもしれません。

また高齢になってから医療保険へ加入すると毎月の保険金がとても割高になってしまいますから若いうちに医療保険へ加入したほうがトータルコストは低く抑えられます。

そのため生涯絶対に医療保険には入らないという方は医療保険は不要かと思います。

ですが将来医療保険の加入を悩んでしまうかもしれない…という方はできるだけ若いうちに最低限の内容で医療保険に加入されるのがおすすめですよ。

なぜ若いうちに医療保険へ加入したほうが良いのか?に関してはこちらにまとめていますから参考になるかと思います。

まとめ

今回は医療保険が必要な人と医療保険が不要な人に関してまとめました。

医療保険は感情的に考えると必要ですし、合理的に考えると不要とも言えます。

僕としてはあまりにも過剰な医療保険は不要ですが公的医療保険を補填するような最低限の保障内容で医療保険に加入するのは感情的にも金額的にもバランスがとれると思います。

また最低限の保障内容の選び方がわからないという方は保険のプロに相談するのが時間短縮になっておすすめですよ。

タイトルとURLをコピーしました