医療保険は本当に不要なの?医療保険、不要派の意見をまとめました。

保険

医療保険は「必要派」と「不要派」で意見が2つに分かれています。

これは一般の方だけでなく、保険を日々販売している保険のプロでさえ意見が分かれているんですね。

ただどちらかの意見が間違っている訳ではなく、どちらも正しい考え方と言えます。

ではなぜ医療保険の要否に関して意見が分かれるか?と言うと「合理的に考えると不要」となりますし「感情的に考えると必要」となる為です。

ですから結論としては医療保険の要否は判断する人の考え方次第ということですね。

今回は医療保険は不要だという方の意見をまとめましたので医療保険に加入するべきか迷っている方の参考になるかと思います。

医療保険不要派の意見

医療保険は不要だという方の意見を3つまとめました。

医療保険不要派の意見

  • すでに手厚い公的保険に加入している
  • そもそも保険で備えるものでは無い
  • ほとんどの場合、払い損になる

医療保険不要派の意見はどれも合理的なもので、感情を別にして考えている方が多いです。

それぞれ詳しく解説していきます。

すでに手厚い公的保険に加入している

日本は「国民皆保険制度」がありますからすべての方が公的な医療保険に強制で加入しています。

病院の窓口で「保険証」を提示すると医療費の負担が3割で済むのも公的保険のおかげですよね。

あまりに当たり前のことで公的保険に加入している認識が無いという方もおられるかと思います。

この日本の公的保険は世界的に見てもとても優れており、医療費で破綻するようなことが無いように何重にもセーフティネットが張られているんですね。

詳細な制度内容は割愛しますが簡単に制度に関してまとめました。

・医療費の窓口負担が3割
病院窓口での自己負担が発生した医療費の3割で済みます。この制度のおかげでどなたでも公平に質の高い医療が少ない負担で受けられます。

・高額療養費制度
1ヶ月に自己負担する医療費の上限が定められており上限を超えた分はあとから払い戻される制度です。ほとんどの方は1ヶ月の負担限度額は9万円ほどとなります。

・傷病手当金
病気やケガで就業できない場合に給与の3分の2が1年6ヶ月の間支給されます。ただしこの制度は自営業者やフリーランスの加入する「国民健康保険」には備わっていませんので注意が必要です。

以上のように公的保険はとても手厚い保障内容になっており、実際に病気やケガをしてもそこまでお金はかかりません

そのためある程度の貯蓄がある方は民間の医療保険に加入する必要性は低く、公的保険と医療保険、二重で加入するのは無駄ということですね。

そもそも保険で備えるものではない

そもそも保険とは「発生確率はとても低いが、発生した場合に家計が破綻してしまうこと」に事前に備えるためのものです。

火災保険や自動車保険、幼い子供がいる方の生命保険などが該当すると考えられます。

自動車事故や火事などは予期せず多額の資金が必要になる可能性もありますから必ず保険で備えるべきものと言えますよね。

ですが病気やケガに関してはさきほど説明した公的医療保険で大部分をカバーすることができますし、掛かる費用も限定的です。

そのため医療費が原因で家計が破綻してしまうなんていうことはほとんどありませんし、見聞きすることもないですよね。

ですから医療費に関しては貯蓄で対応し保険で備えるものではないと考える方も多いです。

ほとんどの場合、払い損になる

保険とは「少ないお金で万が一の場合に多額のお金が保障されるもの」です。

ですが医療保険に関してはこの考えに沿っているとは言えないんですね。

自動車保険などは毎月、数千円の保険料で万が一の際に無制限の保障を受けることができますよね。

もちろん保険金請求するような事態が発生しないことが1番ではありますが、保障される金額を考えれば自動車保険は払い損になるとは考えられません。

ですが医療保険の場合は毎月の保険料に対して万が一の場合に受け取れる保険金が見合っているとは言えないんですね。

例えば入院日額5000円の医療保険に加入している場合、1ヶ月まるまる入院したとしても受け取れる保険金は15万円、2ヶ月入院するような大病でも30万円です。

この保険金のために毎月、数千円を何年も払い続けるのは安心料としては高すぎるような気もしますよね。

ですから医療保険を検討する前に、まずは支払う保険料(コスト)と受け取れる保険金(リターン)をよく考えることが重要といえます。

まとめ

今回は医療保険が不要と考える方たちの意見をまとめました。

確かに感情を抜きにして合理的に考えると医療保険に加入する必要性は低いと言えるかもしれません。

ですが「医療保険に加入していて本当に助かった」という方がおられるのも事実ですから最終的な判断は人それぞれということですね。

ちなみに僕は不要派の方の意見も理解した上で最低限の医療保険に加入しています。

もしも医療保険に加入するべきか悩んでいる方は1度保険のプロに無料で相談してみるのも1つの手かと思います。

保険選びでは第三者の意見を取り入れることが重要ですからきっと為になるかと思います。

医療保険、必要派の意見はこちらでまとめていますから医療保険の加入を悩まれている方の参考になるかと思います。

タイトルとURLをコピーしました