基準価額の安い投資信託はお買い得なのかを解説

お金

今回は新設されたばかりのまだ基準価額が低い投資信託はお買い得なのかについてまとめました。

株式投資などでは株価が安い時に買って株価が上がったら売ることで利益を得られますよね。

そのため投資信託に関しても基準価額が低いうちに買っておけば、将来の期待リターンも高くなると思っている方も多いのではないでしょうか?

結論としては基準価額の高い安いはその投資信託の割高、割安には一切関係がありません。

ですから投資信託を選ぶ際に基準価額で比較するのは意味がなく、本当に注目するべきポイントはそのファンドの投資先がお買い得かどうか?をチェックするのが重要です。

基準価額が低いと同じ金額で多くの口数が買えるからお得な気がするけど…

こんな疑問がある方も多いかと思いますので、今回は基準価額と株価の違いとなぜ基準価額の低い投資信託が割安ではないのかについてまとめました。

基準価額とは?

そもそも基準価額とは何か?を理解していないとなぜ基準価額が投資信託の割高、割安に無関係なのかがわかりづらいかと思いますので基準価額についてまとめました。

まず基準価額は投資信託の値段ですが、どうやって決められているかはご存知ですか?

突然聞かれるとうまく答えられないなぁ…

といった方も多いかと思います。

基準価額とは?

投資信託の純資産総額を総口数で割ることでその投資信託の1口あたりの価格が求められます。

基準価額は1万口あたりの金額で表示されることが多いため、投資信託の1口あたりの価格に1万を掛けることで基準価額を求めることができます。

式にすると以下のようになります。

純資産総額÷総口数×10000=基準価額

口数とは投資信託を購入するときの単位です。

株だと1株、2株と数えるように投資信託の場合は1口、2口といった具合で数えます。

また証券会社などに表示されている基準価額は1万口あたりの価格となっており1万口以下の買い付けも可能です。
基準価額に満たない少額からでも投資ができるのはこのためですね。

基準価額は株式のように常に値動きしているわけではなく、1日に1回のみ価格が決まります。
投資信託を売買した際はその時の基準価額ではなく、翌日の基準価額で取引が行われます。そのため投資信託を売買する際は実際の取引価格を知らない状態で取引することとなります。
これをブラインド方式と呼びます。

基準価額と株価の違い

まず株価の値動きの仕組みですが、株価はシンプルに需要と供給のバランスで値動きをします。

その株式を欲しい人が多ければ株価は上がりますし、手放したい人が多ければ株価は下がります。

そのため割安な株式を見つけ、投資することで値上がり益を享受できるというわけですね。

では投資信託の基準価額はどうでしょうか?

投資信託の場合は需要と供給のバランスでは基準価額は変動しません。

投資信託は投資家から資金の流入があるとその投資信託の純資産総額が増えます。

純資産総額が増えたら、基準価額も上がるんじゃないの…?

投資家からの資金流入があると純資産総額は上がりますが、投資信託の総口数もその分増加します。

基準価額は純資産総額÷総口数ですから、純資産総額が増えてもその分総口数も増加するわけですから結果的に基準価額は変動しないんですね。

例えば…

1万口あたりの基準価額が1万円で新設された投資信託があったとします。

5人の投資家がこの投資信託に1万円ずつ投資をした場合。

  • 純資産総額 5万円
  • 総口数 5万口
  • 50000(純資産総額)÷50000(総口数)×10000=基準価額 1万円

となりますよね。

そこに6人目の投資家が後から10万円分投資をした場合。

  • 純資産総額 15万円
  • 総口数 15万口
  • 150000(純資産総額)÷150000(総口数)×10000=基準価額 1万円

となります。

上記は手数料などを全て無視していますが、純資産総額が増えても総口数もその分増加する場合は結果的に基準価額は変動しないということが分かって頂けたかと思います。

これは逆に投資信託の解約が相次ぎ、純資産総額が減った時も同じで解約された分総口数も減少しますから基準価額に変動はありません。

基準価額が動くタイミングは?

投資信託は株式のように需要と供給では基準価額の変動はない事が分かって頂けたかと思います。

ですが投資信託で利益を得るには基準価額の上昇が必須ですよね。

そこで今度は基準価額が変動するタイミングはいつか?をみていきましょう。

基準価額が変動する条件はシンプルで総口数が変わらずに純資産総額が変動した時に基準価額が動きます。

では総口数が変わらずに純資産総額が変動するタイミング、つまり基準価額が変動する要因をまとめました。

基準価額が変動する要因

  • 投資信託が保有している資産の値動き
  • 投資信託が分配金を出した時
  • 信託報酬が差し引きされた時

投資信託の基準価額が動くタイミングは上記の3つだけです。

それぞれ詳しくみていきましょう。

投資信託が保有している資産の値動き

基準価額が動く一番の要因は投資信託が保有している株式や債権などの資産の値動きかと思います。

投資信託の純資産総額はそのファンドが保有している資産全ての総額ですから資産の値動きがあると純資産総額も変動します。

その場合は総口数は変動しませんから結果的に基準価額が増減することとなります。

投資信託が分配金を出した時

分配金を出す投資信託の場合は分配金を出した分だけ純資産総額が減少します。
分配型投資信託を避けたほうが良いと言われる所以ですね。

この場合も総口数は変わりませんから基準価額が減少することとなります。

そのため毎月分配型の投資信託などは分配金が出るたびに基準価額が減少してしまいますから、投資効率は良いとは言えません。

長期投資の場合は分配金再投資型の投資信託を選択するようにしましょう。

信託報酬が差し引きされた時

信託報酬とは投資信託の運用コストです。

投資信託を保有している間はつねに発生する手数料となっており、純資産総額から毎日自動で差し引きされています。

信託報酬が差し引きされた場合も総口数は変わりませんから基準価額が変動します。

日割りされた信託報酬が毎日基準価額から自動で差し引きされますから投資家は別途手数料を支払う必要はありません。

そのため信託報酬の高い投資信託を保有していても気づきにくく、「手数料の高い投資信託を20年保有してしまった…」というのが最悪のパターンですよね。

これを回避する為にもしだいぶ前に購入した投資信託を保有している方は一度確認されるのが良いかと思います。

信託報酬は0.5%以下の投資信託がおすすめです。

さいごに

今回は投資信託の基準価額の変動についてまとめました。

投資信託の基準価額は株式などとは考え方が違っており、基準価額が高いから高値掴みになってしまうなんてことは一切なく基準価額の高い、安いで損得を考える必要はありません。

なによりも大事なのはそのファンドが投資している投資先が買い時か?の判断がとても重要です。

また同じ指数に連動するインデックスファンドが複数あった場合に基準価額で比較するのも同様に無意味であり、この場合は運用コストの低いファンドを選ぶことが長期投資で損失を出しにくくするポイントかと思います。

また本当に投資するべき投資信託の選び方はこちらでまとめています。

タイトルとURLをコピーしました