Kyash 審査無しで即時発行の高還元VISAカード

キャッシュレス

こんにちは

今回は高還元なプリペイド式VISAカードKyashについてのメリットや注意点、使う際の条件などをまとめました。

Kyashは審査や年齢制限がありませんので誰でも即時発行が可能ですよ。

最近はキャッシュレス化が進んできており、スマホ決済やクレジットカードで日々の支払いを済ませている方が多いのではないでしょうか?

そんな方は使用しているクレジットカードとKyashを紐付けるだけでさらにお得に決済を行うことができます。

もし現在Kyashを使っていない方は手数料や年会費など一切かかりませんので発行されるのがおすすめですよ。

手間をあまりかけずに高還元を受けたい方や、できるだけお得に日々の支払いをしたいという方の参考になるかと思います。

Kyash(キャッシュ)とは?

Kyash公式サイトより引用

そもそもKyashって何?

という方が多いかと思います。

Kyashとはプリペイド(前払い)式のVISAカードです。

プリペイド式ではありますが、クレジットカードやデビットカードを支払い方法へ登録することで自動チャージでの利用ができます。

もちろんATMやコンビニでのチャージにも対応していますからクレジットカードをお持ちで無い方でも全く問題なく使えますよ。

VISAブランドがついていますので、VISA加盟店であれば通常のクレジットカードのように使用することができます。

もちろんネットショッピングの決済にも使用することができますよ。

またKyashにはバーチャルカードとリアルカードの2つがあります。

これら2つの違いをまとめました。

バーチャルカードとは…

Kyashアプリ上でカード情報が表示されますのでネット決済やコード決済の支払いにのみ使用することができます。

カードの実体が無いためオンライン決済でしか使うことができません。

バーチャルカードのみの利用ですと還元率は0.5%となります。

リアルカードとは…

実体のあるカードで通常のクレジットカードのように街での決済にも使用できますし、オンライン決済も可能です。

日々の支払いもお得にしたい方はリアルカードがおすすめですよ。

リアルカードを発行することで還元率は1%となります。

バーチャルカードは即時発行ですぐに使い始めることができます。

リアルカードは申込み後に郵送で届きますが届くのに時間がかかってしまいます。

そのためバーチャルカードを先に申し込みリアルカードが届くまでの間バーチャルカードをオンラインで使うのがおすすめですよ。

それぞれのカードの申し込み方法や登録可能なチャージ方法はこちらにまとめていますので参考になるかと思います。

Kyashのメリット

  • 常時1%還元
  • 他サービスとの組み合わせでさらに高還元
  • 年齢制限、審査なしで即時発行
  • カードを最大5枚まで登録可能
  • Kyashユーザー同士で送金が可能

それぞれ詳しく解説していきます。

常時1%還元

Kyashの大きなメリットは常時1%還元が受けられる事かと思います。

キャンペーンなどでは無く、Kyash経由での支払いは全て1%還元となります。

クレジットカードの平均的な還元率が0.5%ですから常時1%還元は十分高還元カードといえるかと思います。

還元分の1%はKyashポイントとして還元され、KyashポイントはKyash残高へチャージすることでKyash経由での支払いに使用することができます。

Kyash残高として還元ポイントは消費できますから、うっかり無駄にしてしまうなんて事も無いかと思います。

またKyashの還元率を1%にするにはリアルカードの発行が必要となります。

バーチャルカードのみの利用ですと還元率は0.5%となってしまいますので注意が必要です。

リアルカードの発行も無料ですから必ず発行しましょう。

一部Kyashの利用が出来ない支払いがあります。下の方でまとめていますので確認されてから使うのが良いかと思いますよ。

他サービスとの組み合わせでさらに高還元

Kyash単体でも1%と十分高還元ですが、このKyashに他のサービスを組み合わせることでさらに還元率を上げることができます。

僕自身も使っていておすすめな組み合わせが楽天カードと楽天Payを組み合わせる使い方です。

楽天カードは還元率1%のクレジットカードとなっており、使っている方も多いのではないでしょうか?

また楽天Payは楽天グループのスマホ決済アプリで還元率は0.5%です。

この2サービスを組み合わせることで楽天Pay経由での支払いは常時2.5%の還元率となります。

少し分かりづらいかと思いますので図にまとめました。

楽天Pay経由での支払いが2.5%還元というのは凄いですよね。

楽天Pay対応店舗であればこの組み合わせでの利用がお得ですよ。

またスマホ決済が出来ずクレジットカード支払いのみの店舗などもありますよね。

その場合は楽天カードを紐づけたKyashで支払うことで楽天カードの還元、Kyashの還元合わせて2%の還元を受けられますからKyashには楽天カードを紐づけての利用がおすすめですよ。

もし楽天カードをお持ちでない方はこちらから発行可能です。楽天カードの発行でキャンペーンポイントが受け取れますからお得に発行ができますよ。

そもそも楽天Payって何?

という方はこちらが参考になるかと思います。

年齢制限、審査なしで即時発行

Kyashの発行には審査や年齢制限がありません

未成年の方でも親の同意があれば発行可能です。

バーチャルカードに関してはメールアドレスと電話番号だけでアプリ上から10分もあれば簡単に発行ができますよ。

その為なにかしらの事情でクレジットカードが作れず、ネット決済やスマホ決済が利用できなかったという方にもKyashはおすすめです。

VISAブランドがついていますので通常のクレジットカードとほとんど同じように使うことができますよ。

またKyashへのチャージもクレジットカードが無くても全く問題ありません。

Kyashに登録可能なチャージ方法

  • VISA、Mastercardブランドのデビットカード
  • VISA、Mastercardブランドのクレジットカード
  • 銀行ATMからチャージ
  • コンビニからチャージ

ネット決済での口座振込などの無駄な手数料が無くなりますのでお得ですよ。

カードを最大5枚まで登録可能

Kyashには最大で5枚までクレジットカードやデビットカードを紐付けることができます。

カードの切り替えもKyashアプリから簡単な操作で可能ですので支払いに応じてチャージするカードを変えることもできます。

複数カードを使用している方はKyashにまとめることで財布の中がスッキリするかと思いますよ。

使わないカードや領収書などでパンパンの財布だと少しだらしなく見えてしまいますよね。

またカードがメインの方におすすめなキャッシュレス特化の財布をこちらでまとめています。

Kyashのカード登録は24時間に1枚のみのため5枚登録する場合は5日に分けて登録が必要です。

Kyashユーザー同士で送金が可能

Kyashユーザー同士で手数料無料で送金が可能です。

送金方法もKyashアプリから簡単に行うことができますよ。

またKyashで送金された場合現金では無くKyash残高となりますのでKyash経由での支払いに使うことができます。

キャッシュレス生活をしていると意外と困るのが割り勘の時ですよね。

相手がKyashを使っている必要がありますが、Kyashユーザー同士であればキャッシュレスで割り勘も可能です。

それに送金した金額も登録されているクレジットカードから引き落としとなります。

そのため実質クレジットカードからの送金が可能となります。

Kyashの注意点や条件

Kyashを使う上での注意点や使う際の条件などをまとめました。

メリットの多いKyashですが気をつける点がありますのでしっかり理解した上で使うようにしましょう。

  • 利用額に上限がある
  • 保証が薄い
  • Kyashの利用ができない支払いがある

それぞれ詳しく解説していきますね。

利用額に上限がある

Kyashには利用額の上限が細かく決められています。

そのため家電製品などの高額になりがちな物の購入に使う場合は注意が必要かと思います。

上限についてまとめました。

バーチャルカードの場合…

  • 24時間あたりの利用限度額は3万円まで
  • 1回あたりの利用限度額は3万円まで
  • 1ヶ月間(1日から末日)での利用限度額は12万円まで

リアルカードの場合…

  • 24時間あたりの利用限度額は5万円まで
  • 1回あたりの利用限度額は5万円まで
  • 1ヶ月間(1日から末日)の利用限度額は12万円まで

リアルカード、バーチャルカード共通

  • カードの有効期限は5年
  • 有効期限内(5年)での利用限度額は100万円まで

バーチャルカードよりもリアルカードのほうが上限が高いのでリアルカードの発行がおすすめかと思います。

5年間の利用限度額が100万円だと足りなそう…

カードでの支払いがメインの方は5年で100万円では足りないかと思います。

ですが、Kyashカードを更新することにより継続して利用することが可能ですよ。

100万円の上限が近づくとKyashから更新の案内が届くようです。

更新した場合でもKyash残高は引き継がれますので安心ですね。

保証が薄い

通常のクレジットカード等ですと、紛失等で不正利用された場合などに発生した被害額はクレジットカード会社が保証してくれる事がほとんどかと思います。

ですがKyashの場合はユーザーに不備があり不正利用された場合は基本的に保証外となります。

そのため紛失やユーザー側の過失でカード番号が流出してしまい、被害にあった場合の被害額はすべて自己負担となるようです。

Kyashには1日の利用限度額がありますので万が一にも被害にあった場合は気付くのが早ければ被害額も最小限で済むかと思いますが、正直少し怖いですよね。

ですがKyashを利用するとすぐにKyashアプリから利用通知が届きますので不正利用された場合はすぐに気付くことができるかと思います。

もしも不正利用やリアルカードを紛失してしまった場合などはKyashアプリから即時カードの利用ロックを掛けることができます。

もしもの時に戸惑わないよう事前にロックの仕方を把握しておくのがおすすめですよ。

Kyashアプリから2タップでいつでもカードロックを掛けることができます。

Kyashアプリのトップ画面のカード右上の・・・をタップします。

Kyashカード情報のページに移ります。

一番下のカードを一時ロックするをタップすることで即時カードのロックが可能です。

再度タップすることでロックの解除も可能ですよ。

もしも紛失などがあった場合は気づいたらすぐにロックを掛けることで被害を最小限に抑えることが可能です。

Kyashの利用ができない支払いがある

KyashはVISAブランドのカードですから基本的にVISA加盟店であれば利用可能です。

ですが一部利用不可の支払いがあります。主要な利用不可の支払いを抜粋してまとめています。

利用不可の支払い

  • 固定費の支払い
  • ガソリンスタンドでの支払い
  • 高速道路通行料の支払い
  • 航空券、航空会社への支払い
  • ホテルの支払い
  • プリペイド、電子マネーの購入、チャージでの支払い(nanaco、楽天Edyなど)

Kyashのヘルプページに詳しい情報が記載されていますので、使用前に確認されるのが良いかと思います。

普段の支払いであればほとんどの場合Kyashの利用ができますが、利用不可の支払いが一部ありますのでKyashとは別に1枚クレジットカードを持ち歩くのが安心ですね。

さいごに

今回はKyashについてメリットとデメリットをまとめました。

普段使うカードをKyash経由にするだけでこれだけの還元が受けられますので使わないのは損かと思います。

未成年の方や何かしらの理由でクレジットカードが作れない方でもKyashであれば即時発行が可能ですのでネット決済で無駄な手数料を払わずに済みますよ。

またKyashと紐づけて使うのがおすすめの楽天カードに関してはこちらでまとめています。

タイトルとURLをコピーしました