楽天証券がおすすめな理由 ポイント投資で資産運用

お金

こんにちは

老後の資産形成の為にこれから投資で資産運用を始めようとしている方も多いのではないでしょうか?

投資を始める時最初に迷うのが証券会社はどこが良いのか?だと思います。

投資をする上で必ず必要な証券口座ですがこの証券会社選びがすごく重要です。

これから長く使っていくことになりますから選択間違いは絶対にしたくないですよね。

ただ証券会社はかなりの数がありどこで口座開設をするべきか悩んでしまうかと思います。

結論から言うと楽天証券で口座開設すれば間違いありません

僕も楽天証券でつみたてNISAのつみたて投資をしており、様々な恩恵を受けています。

今回はそんな楽天証券の圧倒的なメリットをまとめました。

投資を始めたいけれど証券会社選びで止まってしまっている方の参考になるかと思います。

楽天証券のメリット

楽天証券はその名の通り楽天グループの証券会社ですから他の楽天サービスとの連携が大変よく、以下の楽天サービスと組み合わせることでメリットを最大限活用できます。

  • 楽天銀行
  • 楽天カード
  • 楽天市場

楽天市場は大体の方が一度は利用したことがあるんじゃないでしょうか。

楽天銀行と楽天カードをお持ちでない場合は楽天証券口座の開設と同時に申し込むのがおすすめです。

それでは楽天証券のメリットを解説していきます。

  • 楽天ポイントで投資ができる
  • 100円から投資ができる
  • 楽天カードで投資ができる
  • 楽天市場でのポイント還元が+1倍
  • 楽天銀行の預金金利が上がる

楽天ポイントで投資ができる

楽天証券では楽天ポイントで投資信託を購入することができます。

楽天ポイントを投資元本にできるのは本当に凄いメリットですよね。

投資のリスクを全く取りたくない方でもポイントのみで投資信託を買い付けることでリスク無く投資ができます。

もともと楽天ポイントは使える店舗が多くかなり利便性の高いポイントでしたが、投資信託の購入ができるようになった事でほぼ現金と同等と言えるかと思います。

以下にポイント投資に関してまとめました。

  • 1ポイント=1円として利用可能
  • 1ポイントから利用可能
  • 買い付けできるのは投資信託のみ
  • つみたてNISA口座やNISA口座でもポイント投資可能
  • 期間限定ポイントは利用できない

ポイント投資ができるようになり、投資を始めるハードルがかなり低くなりました。

投資をしたいけれど元本割れが怖くて始められない

こういった方はまずはポイントのみで投資をしてみて感覚を掴んだら現金で投資を始めるのがおすすめです。

ポイントのみでの運用でしたら大きなリターンは期待できませんが、ほぼノーリスクで始められますよね。

100円から投資ができる

楽天証券では月々100円から投資信託の積立投資ができます。

積立投資とは毎月決まった日に決まった金額を自動的に買い付ける投資方法です。

一度設定してしまえば後は放置していても自動で買い付けが行われます。

そのため本業が忙しく投資に時間が割けない方でも毎月コツコツ資産形成をしていくことができます。

またとりあえず少額で試してみたいという場合には毎月100円のみであれば深く悩むこと無く気軽に資産運用を試せますよね。

ですが毎月100円のみの投資では投資元本が大きくならず、資産運用には向かないため感覚が掴めたら毎月の積立額を上げるのがおすすめですよ。

投資元本が大きい程リターンも大きくなりますがリスクも相対的に大きくなります。

ご自分のリスク許容度に見合った投資額となるようにしましょう。

楽天カードで投資ができる

楽天証券では投資信託の積立投資の支払いに楽天カードを使用することができます。

楽天カードとは楽天グループのクレジットカードです。楽天カードの利用額100円ごとに楽天ポイントが1ポイント付与される高還元のクレジットカードで有名ですよね。

この楽天カードで投資信託の買い付けを行うことで通常の買い物と同様に100円につき1ポイント楽天ポイントが付与されます。

付与された楽天ポイントを再投資に回すことで確実に1%の利回りを得ることができます

投資信託での資産運用で得られる年間の利回りは3%から5%程ですが、楽天カードで支払うだけで確実に1%の利益が得られるのはかなり大きなメリットですよね。

楽天証券で積立投資をするのであれば絶対に楽天カードからの買い付けをおすすめします。

もし楽天カードをお持ちでなければこちらから簡単に申し込みが可能です。キャンペーンでポイントを受け取れますからお得に発行できますよ。

楽天カード投資のポイントを以下にまとめました。

  • 投資信託の積立投資のみ買い付け可能
  • 毎月の買い付け額の上限は5万円まで
  • 楽天証券と楽天カードが同一名義でなければ使用できない
  • 買い付けのタイミングは毎月1日
  • つみたてNISAやNISA口座でも使用可能

毎月の買い付け額の上限が5万円までですが、つみたてNISAでの運用をする場合は毎月3万3千円までしか積立できませんから問題ありませんよね。

唯一のデメリットは買い付けのタイミングが毎月1日となっており、毎日積立には非対応という所です。

毎日積立が1番のドルコスト平均法になりますが長期投資で得られるポイントを考えると大きなデメリットでは無いかと思います。

また1%の利回りは得られますが投資には元本割れのリスクもありますので注意しましょう。

楽天カードのメリットはこちらでまとめていますのでカードの発行がまだの方は参考になるかと思います。

楽天市場でのポイント還元が+1倍

楽天証券で500円以上のポイント投資をすることで楽天市場での商品購入で付与される楽天ポイントが+1倍となります。

楽天市場を普段から利用している方には大きなメリットになりますよね。

500円以上のポイント投資とは?

  • 一度の買い付けでポイントを利用し500円以上の投資となればOK
  • 1ポイントと499円の投資でもOK
  • 100ポイントの投資を月に5回で累計500円分の投資ではNG

条件達成のハードルは低いため、負担なくポイント倍率を上げられるかと思います。

楽天市場にはSPUというポイント優遇サービスがあり楽天証券もSPUの条件に入っているためこの恩恵を受けることができます。

SPUって何?

という方もいるかと思いますので簡単にSPUについてまとめました。

SPU(スーパーポイントアッププログラム)とは…

楽天サービスを利用するごとに楽天市場での商品購入で得られるポイントの倍率が上がる楽天市場のサービスです。

様々な楽天サービスを使用することで最大16倍(100円で16ポイント)のポイント還元を受けられます。

注意点としてはSPUで付与される楽天ポイントは期間限定ポイントとなるため、投資信託の買い付けはできません。

楽天銀行の預金金利が上がる

楽天銀行の口座と楽天証券の口座を連携させるマネーブリッジという設定を行う事で楽天銀行の普通預金の金利が0.1%に上がります。

大手メガバンクの普通預金の金利が0.001%ですからその差は100倍です。

特にマネーブリッジ設定に料金などは掛かりませんので負担無く金利を上げることができます。

0.1%でも大した利息にはならないんじゃないの?

という考えの方もいるかと思いますが、やっている人とやらなかった人では長い目で見ると大きな差となります。

リスクも無く金利が100倍となりますから、楽天証券口座の開設と合わせて楽天銀行口座の開設もするのがおすすめですよ。

楽天銀行の開設を考えている方はこちらも参考になるかと思います。

さいごに

今回は僕も使用している楽天証券のメリットをまとめました。

楽天証券は投資経験の無い方でも比較的わかりやすく投資を始めることができます。

100円投資やポイント投資、クレジットカードでの投資信託の買い付けができる証券会社はかなり限られていますが楽天証券では全て可能ですし、長く使っても不便に思う事は無いかと思います。

NISA口座やつみたてNISA口座は証券口座の変更の際に手間が多いですから最初から楽天証券でNISA口座を開設されることをおすすめします。

これからつみたてNISAで積立投資を始めようとしている方はこちらも参考になるかと思います。

タイトルとURLをコピーしました