楽天カードと楽天ゴールドカードを比較。ゴールドカードで得する人損する人を解説

キャッシュレス

こんにちは

みなさんは高還元クレジットカードで有名な楽天カードは使っていますか?

最近のキャッシュレス化の流れで楽天カードを発行された方、これから発行を検討されている方も多いかと思います。

ですが発行の際に無料の楽天カードを発行するべきか年会費の掛かる楽天ゴールドカードを発行するべきか悩んでしまいますよね。

無料の楽天カードでも十分に恩恵を受けることができますが、人によっては楽天ゴールドカードに切り替えたほうがさらにお得になる場合があります

今回はそんな楽天カードと楽天ゴールドカードのそれぞれのメリットとデメリット、切り替えることでお得になる人や逆に損をしてしまう人をまとめました。

現在楽天カードを使用していてゴールドカードへの切り替えを検討している方、楽天カードの発行を検討している方の参考になるかと思います。

楽天カードと楽天ゴールドカードの比較

まずは楽天カードと楽天ゴールドカードの違いを表にしました。

優位なものは赤字にしています。

楽天カード楽天ゴールドカード
年会費永年無料年会費2000円(税抜)
還元率1%1%
楽天市場での還元率最大3%最大5%
ETCカード年間500円(税抜)無料
家族カード無料年間500円(税抜)
利用可能額最大100万円最大200万円
海外旅行傷害保険最大2000万円最大2000万円
空港ラウンジ利用不可年2回国内ラウンジ利用可

他社のゴールドカードと違い楽天ゴールドカードは年会費が税抜2000円と控えめな料金となっており、維持に大きな負担は無いと言えますね。

対して通常の楽天カードは還元率1%と高還元ながら年会費が永年無料というのが大きなメリットかと思います。

また楽天カードの発行でキャンペーンポイントが受け取れますからお得にカード発行が可能です。

キャンペーンポイントは以下の公式サイトで確認が出来ますよ。

楽天カードと楽天ゴールドカードで差がないサービス

楽天カードと楽天ゴールドカードのどちらも差がないサービスをまとめました。

  • 楽天カード利用分の還元率

楽天カードの利用分に付与される還元率はどちらも1%となっており差はありません。

  • 海外旅行傷害保険

海外旅行傷害保険とは海外旅行の際に病気や事故、盗難などが発生した場合に保証される保険です。

楽天カードも楽天ゴールドカードも最大2000万円の保証となっており差はありません。

楽天カードは無料カードでありながら海外旅行傷害保険が付帯されているのは嬉しいですよね。

ですが楽天カードと楽天ゴールドカードの海外旅行傷害保険は利用付帯となっており、自宅から出発空港までの交通費海外旅行代金のどちらかを楽天カードで決済することが保険の適用条件となっていますので注意が必要です。

楽天ゴールドカードで得する人

楽天カード公式サイトより引用

楽天ゴールドカードで得する場合をまとめました。

  • 楽天市場で年間11万円以上の買い物をする方
  • ETCカードも使いたい方
  • 月50万円以上のクレジットカード決済がある方
  • トラベルデスクを利用したい方

それぞれ詳しく解説していきますね。

楽天市場で年間11万円以上の買い物をする方

楽天市場では楽天サービスを使えば使うほどポイント還元率が上がるSPU(スーパーポイントアッププログラム)というサービスがあります。

楽天市場で買い物をする際に楽天ゴールドカードでの支払いですとSPU+5倍となり、商品代金の5%が楽天ポイントで還元されます。

楽天カードでの支払いですとSPU+3倍となり、還元率は3%ですから楽天カードと楽天ゴールドカードの還元率の差は2%となります。

そのため楽天市場で年間11万円の買い物をされる方は還元される楽天ポイントで楽天ゴールドカードの年会費をペイすることができますよね。

また年間11万円以上楽天市場で買い物される方は楽天カードよりも多くの還元を受けることが可能です。

楽天ゴールドカードの最大のメリットは楽天市場での還元率が楽天カードに比べて2%高くなる事かと思います。

楽天ゴールドカードか楽天カードかの判断は楽天市場で年間11万円以上の利用があるかないかが大きなポイントかと思います。

ETCカードも使いたい方

ETCカードを使えば高速道路の通行料が割引されますから車に乗る方であれば必須のカードですよね。

楽天のETCカードは基本的に年会費が税抜500円かかりますが、楽天ゴールドカードであれば年会費無料でETCカードの発行が可能です。

楽天のETCカードでしたら通行料金に対しても100円につき1ポイントを楽天ポイントとして還元されますからすごくお得かと思います。

月50万円以上のクレジットカード決済がある方

楽天カードの利用可能額は利用した分の支払いが完了した時点でリセットされます。

楽天カードの締日と支払日を確認してみましょう。

カード利用締日月末
支払日翌月27日

楽天カードは月末がカード利用の締日となっており、支払日は翌月の27日となっています。

ですが利用可能額のリセットは月末では無く、翌月の支払い後に利用可能額が復活します。

そのため楽天カードの利用可能額は1ヶ月の利用額では無く、約2ヶ月分の利用可能額となってしまいます。

例えば

利用可能額が100万円の楽天カードで4月に60万円利用し、月末を迎えた場合は利用可能額のリセットは行われず、5月27日の支払いが完了するまでは利用可能額は40万円となります。

楽天カードの利用可能額の上限は100万円ですからもし月に50万円以上のカード利用がある方は利用上限に達してしまう可能性があります。

もし月に50万円以上の決済があるという方は楽天ゴールドカードの発行がおすすめですよ。

トラベルデスクを利用したい方

楽天ゴールドカードであれば海外旅行の際に世界38拠点の現地デスクでサポートを受けることができます。

トラベルデスクで受けられる主なサポート

  • 現地の観光情報の紹介
  • レストランやオプショナルツアーの予約
  • パスポートの紛失やカードの盗難等の緊急時のサポート

海外でもしも何かあった場合にサポートを受けられるのはすごく心強いですよね。

海外旅行を頻繁にされる方には大きなメリットになるかと思います。

楽天ゴールドカードで損をする人

楽天ゴールドカードにすることで損をしてしまう場合をまとめました。

こちらに当てはまる方は楽天カードのほうがお得かと思いますよ。

  • 家族カードの発行をされる方
  • ETCカード無料のために楽天ゴールドカードを検討している方
  • 国際ブランドをAmerican Expressで発行したい方

それぞれ詳しく解説していきますね。

家族カードの発行をされる方

楽天ゴールドカードの最大のデメリットは家族カードにも年会費が掛かることかと思います。

通常の楽天カードでしたら家族カードは5枚まで無料で発行が可能ですが、楽天ゴールドカードの場合は家族カード1枚毎に年会費(税抜)500円が掛かってしまいます。

もし家族カードを1枚発行した場合は楽天ゴールドカードの年会費と合わせて年間(税抜)2500円の負担となります。

楽天ゴールドカードの最大のメリットをもう一度確認すると楽天市場での還元率アップにより、年会費以上のポイント還元を受けることでしたよね。

ですが家族カードに年会費が掛かることでこのメリットもかなり薄くなってしまうかと思います。

もし家族カードの発行を予定されている方は楽天カードの方がお得かと思いますよ。

楽天の家族カード利用分は親カード利用分と合算となりますから支出が一元化でき、家計の管理が楽になります。

また家族カード利用分のポイントも親カードのポイント口座に付与されますのでポイントも効率よく消費することができますよ。

家族カードが無料の楽天カードはこちらから確認ができます。

ETCカード無料のためにゴールドカードの発行を検討している方

ETCカードの年会費が無料となるのが楽天ゴールドカードのメリットの1つですよね。

ですが通常の楽天カードでも楽天会員ランクがダイヤモンド会員かプラチナ会員であればETCカードの年会費は無料となります。

そのためETCカードが無料のために楽天ゴールドカードの発行をされるのは損ですよね。

楽天会員ランクとは?どんな条件があるの?

楽天の会員ランクとは6ヶ月以内のポイント獲得回数、獲得ポイント数によって毎月決まります。

以下にダイヤモンド会員とプラチナ会員になるための条件をまとめました。

ダイヤモンド会員の条件

  • 過去6ヶ月で4000ポイント以上獲得
  • 過去6ヶ月でポイント獲得回数が30回以上
  • 楽天カードの保有

プラチナ会員の条件

  • 過去6ヶ月で2000ポイント以上獲得
  • 過去6ヶ月でポイント獲得回数が15回以上

過去6ヶ月での獲得ポイントとポイント獲得回数ですから、プラチナ会員まででしたら問題なくランクアップできるかと思います。

そのため楽天カードであっても比較的簡単に無料でETCカードの維持ができますよ。

ですが楽天サービスをあまり使わず楽天会員ランクが思うように上がらないという方はゴールドカードを検討しても良いかもしれませんね。

国際ブランドをAmerican Expressで発行したい方

楽天ゴールドカードですと国際ブランドをAmerican Expressにすることが出来ません

通常の楽天カードであればAmerican Expressを選択する事が可能ですので申込みの際は注意が必要ですね。

楽天ゴールドカードの場合は以下の国際ブランドが選択可能です。

  • Visa
  • JCB
  • Mastercard

楽天カードで国際ブランドをAmerican Expressにする方はそこまで多くはないかと思いますのであまり大きなデメリットでは無いかと思います。

もし1枚目のクレジットカードでしたら国際ブランドはVisaにするのが使い勝手も良くおすすめですよ。

さいごに

今回は楽天カードと楽天ゴールドカードの比較をしました。

ポイントとしては家族カードの有無と楽天市場の年間利用料で発行するカードを決めるのが良いかと思いますよ。

また現在楽天カードを利用していて楽天ゴールドカードへ切り替えをする場合はカード番号が変わりますので注意が必要です。

楽天カードはかなり多くのメリットがありますので年会費無料のクレジットカードの最適解は楽天カードかと思います。

楽天カードに関してはこちらでまとめていますので参考になるかと思います。

タイトルとURLをコピーしました