投資信託の運用コストをわかりやすく解説。それぞれの手数料の目安まとめ。

資産運用

こんにちは

今回は投資信託で資産運用をした場合に発生する手数料を発生するタイミング別にとってもわかりやすく解説します。

これから投資を始めようとしている方は投資信託での資産運用を検討されている方が多いのではないでしょうか?

個別の株を購入するよりもリスクを抑えた資産運用が可能ですし、個別株に比べて少額から分散投資ができるのが投資信託の最大の魅力ですよね。

ですが投資信託は投資を信じて託すと書く通り運用を任せる訳ですので当然ながら手数料が発生します。

この手数料が将来受け取るリターンにとても大きく影響しますから、投資信託を購入する上で各種手数料をしっかり把握しぼったくり投資信託を購入してしまわないように自衛することが重要です。

また銀行などの窓口ですすめられる投資信託は手数料が割高な場合が多く、効率の良い資産運用ができません。

もし既に銀行などですすめられた投資信託を保有、積立しているという方は一度手数料の確認をされるのがおすすめです。

今回はそんな投資信託で資産運用をする場合に発生する手数料に関してわかりやすくまとめました。

投資信託で発生する手数料は3つ

投資信託の手数料は購入する時運用している時解約する時の3つのタイミングで発生します。

以下に3つの手数料をまとめました。

  • 購入時手数料(買うとき)
  • 信託報酬(運用しているとき)
  • 信託財産留保額(解約するとき)

漢字だらけでむずかしそう…

と思う方もおられるかと思いますが、一度理解すればシンプルでむずかしい事はありませんよ。

それぞれの手数料に関して詳しく解説していきます。

購入時手数料

購入時手数料とは

  • 投資信託を購入するたびに発生する手数料
  • 購入時手数料の平均は0%〜3%
  • 最近は購入時手数料が0円のノーロード投資信託が主流
  • 購入時手数料は同じ商品でも販売会社ごとに違う

購入時手数料はその名の通り投資信託を購入する際に発生する手数料です。購入額に対して○%といった形で発生します。

最近は購入時手数料が一切かからない投資信託が主流となっており、購入時手数料が0円の投資信託をノーロード投資信託と呼びます。

もちろん購入時手数料は0円の投資信託のほうが圧倒的に有利ですから投資信託を購入する際はノーロード投資信託を選択しましょう。

またこの購入時手数料に関しては販売会社によって違いがあり、銀行の窓口などでおすすめされる投資信託はこの購入時手数料が高いことが多く注意が必要です。

楽天証券やSBI証券などのネット証券会社であれば購入時手数料が低く抑えられますからおすすめですよ。

つみたてNISAで購入できる投資信託は全て購入時手数料0円のノーロード投資信託となっています。

信託報酬

信託報酬とは

  • 投資信託を保有している間は常に発生
  • 信託報酬の平均は0.1%から2%
  • 1%以上かかる場合は割高
  • 基準価額(投資信託の値段)から自動で毎日差し引きされる

信託報酬は投資信託を運用するために発生する手数料です。投資信託を保有している額に対して○%といった形で毎日発生します。

1日あたりの信託報酬の計算方法ですが、信託報酬を365で割った1日あたりの信託報酬が基準価額(投資信託の値段)から毎日自動で差し引きされており、別途支払う必要はありません。

信託報酬に関しては他の手数料と違い保有している間はずっと発生し続ける手数料ですからできる限り信託報酬の低い投資信託を選択することが何より重要です。

信託報酬が1%を超える投資信託は割高ですから購入しないようにしましょう。

信託報酬は毎日自動で差し引きされるため手数料が割高の投資信託を保有していても気づきにくいというデメリットがあります。
現在投資信託を既に保有している方は一度確認されるのがおすすめです。

隠れコスト

隠れコストとは

  • 信託報酬以外にかかる投資信託の維持手数料
  • 隠れコストと信託報酬を足したものを実質コストと呼ぶ
  • 隠れコストの平均は0.1%以下
  • 隠れコストは投資信託の目論見書(投資信託の説明書)には記載されない
  • 運用した結果発生する手数料のため事前に確認ができない

投資信託には表に出てこない手数料、通称隠れコストというものがあります。

投資信託を1年間運用した結果、信託報酬以外に発生した手数料を隠れコストと呼び信託報酬と隠れコストを足したものを実質コストと呼びます。

つまり信託報酬と隠れコストを足した実質コストが基準価額(投資信託の値段)から毎日自動で差し引きされますから、投資信託の運用にかかる手数料は実質コストということになります。

また隠れコストは目論見書(投資信託の説明書)には記載されておらず、投資信託の運用報告書で確認することができます。

運用報告書とは投資信託を運用した結果をまとめたレポートのことで投資信託の販売ページからどなたでも閲覧することが可能です。

ではeMAXIS Slim先進国株式インデックスを例に実際の運用報告書でどこに隠れコストの記載があるか確認してみましょう。

eMAXIS Slim先進国株式インデックス運用報告書から引用

青枠内の信託報酬が0.117%(目論見書通り)
赤枠内の隠れコストが0.076%
信託報酬+隠れコストで実質コストは合計0.193%となります。

他の投資信託でも上記のように隠れコストの記載がありますから投資信託を購入する際は運用報告書の確認をされるのがおすすめですよ。

注意点としては隠れコストは投資信託を運用した結果発生した手数料ですから毎年隠れコストは変わりますし、事前にどのくらいのコストがかかるかは把握することができません。

隠れコストに関してはそこまで気にされずに信託報酬の低い投資信託を選択するのが良いかと思いますよ。

eMAXIS Slim先進国株式インデックスは信託報酬の引き下げがあり現在は上記の信託報酬より低い手数料で運用が可能となっています。

信託財産留保額

信託財産留保額とは

  • 投資信託を解約した時にかかる手数料
  • 信託財産留保額の平均は0%〜1%
  • 最近は信託財産留保額がかからない投資信託が一般的

投資信託を解約する時に発生する手数料ですが、最近は信託財産留保額がかからない投資信託が一般的になってきました。

ですが信託財産留保額に関しては0%だから手放しに喜べるというものではないんですよね。

手数料は安ければ安いほど良いんじゃないの…?

こういった方もおられるかと思いますので信託財産留保額についてまとめました。

信託財産留保額とは?

投資信託を解約する人がいた場合、投資信託内で運用していた投資商品(株式や債権など)を売却し現金化する必要がありますよね。

その売却の際にかかる手数料や損失を解約した人に負担させようというのが信託財産留保額です。

信託財産留保額に関しては販売会社の手数料となるわけではなく、投資信託の純資産額に加わります。

つまり信託財産留保額が0%の投資信託で解約する人がいた場合、間接的に投資信託を保有している投資家全員が現金化にかかる手数料を負担する形となってしまいます。

そのため投資信託を短期で運用される方にはメリットですし、長期で運用を考えている方にとってはデメリットとなります。

さいごに

今回は投資信託で資産運用をした場合に発生する手数料に関してまとめました。

投資信託を選ぶ上で自分でできる最大の努力はできるだけコストを低く抑えることだと思います。

特に10年や20年などの超長期で資産運用を考えている方はたった数%のコスト差も将来のリターンに大きく影響しますからコストに敏感になるのが重要です。

「コストの高いぼったくり投資信託を10年以上保有してしまった…」なんて最悪な事態にならないようにしっかり比較検討した上で購入する投資信託を決めましょう。

また投資信託を選ぶ上で必ず確認するべき5つのポイントをこちらにまとめています。

タイトルとURLをコピーしました