つみたてNISAとは?専門用語の説明も交えて解説。

お金

こんにちは

今回はつみたてNISAの説明と資産運用におすすめできるか?を専門用語の説明も交えて投資初心者の方にもなるべくわかりやすく解説していきます。

これから資産運用を始めたいけれど何を始めるか迷っている方やつみたてNISAを始めたいけれど制度がいまいち分からない方の参考になるかと思います。

結論から言うとつみたてNISAは資産運用にかなりおすすめです。

つみたてNISAで購入できる商品はそのほとんどが投資信託となっており、金融庁が厳選した商品のみが買い付け可能となっています。

そのため投資初心者の方でも大きな損を出しづらい仕組みになっており、僕自身もつみたてNISAで資産運用をしています。

投資信託ってそもそも何?

という方はこちらも参考になるかと思います。

それではNISAとは何か?から解説していきます。

NISAとは?

NISAとは投資によって発生した利益に税金がかからない非課税制度の事です。一般NISAとつみたてNISAの2種類があります。

通常は株式投資などで発生した利益に対しては20%の税金がかかります。

例えば10万円の利益がでると2万円が税金で差し引かれてしまいます。ですので非課税のメリットはかなり大きいです。

証券会社で口座を開設する際に特定口座という課税口座を開設しますが、それとは別にNISA口座を開設することによりNISA制度を利用することが可能です。

一般NISA口座とつみたてNISA口座どちらか1つのみ開設可能です。

一般NISAとつみたてNISAは投資期間や投資可能額に違いがありどちらも一長一短ですが、長期の資産運用を目的としている方はつみたてNISAがおすすめです。

投資初心者の方は断然つみたてNISAがおすすめです。

NISA口座は1人1つのみ開設可能です。

年ごとに一般NISAとつみたてNISAの変更は可能です。

つみたてNISAで購入可能な商品の特徴

まずはつみたてNISAで購入できる投資商品の特徴と簡単な解説をしていきます。

  • 投資信託
  • 販売手数料がゼロ
  • 信託報酬が低い
  • 毎月分配型でない

投資信託のみ

つみたてNISAで購入可能な投資商品は投資信託となっています。

投資信託とは

簡単に説明するとファンド(投資会社)に資金を預けることで自分の資産運用を投資のプロに任せることです。

また投資信託によって投資先や投資方法が全く違うため自分の資産をどのファンドに任せるかの選択が大変重要です。

その為つみたてNISAでの投資は株式を直接購入する訳では無く、投資信託を購入しそのファンドの運用成績により投資信託の価値が上下し、利益や損益となります。

販売手数料がゼロ

販売手数料とは

購入した額の◯%といった形で発生する手数料です。

つみたてNISAで購入可能な投資信託は販売手数料がかかりません。ノーロードと呼ぶこともあります。

信託報酬が低い

信託報酬とは

投資信託を所有している場合に毎日発生する手数料の事です。

投資信託によって信託報酬は違い、純資産総額に対して年率◯%と表記されます。

手数料を支払うタイミングは自身の信託財産の中から年率を日割りした額が毎日自動で差し引きされています。

毎月分配型でない

つみたてNISAでは毎月分配型の投資信託は販売していません。

毎月分配型とは

毎月分配金(配当金)を出す投資信託です。

毎月分配金がもらえれば良いのでは?

という方も多いかと思います。

利益がでている時は良いのですが、利益が出ていない時は元金を取り崩し分配金を出す事となってしまい、結局資産が目減りしてしまう為おすすめできません。

つみたてNISAでは購入できませんので心配ありません。

それではつみたてNISAの特徴を解説していきますね。

つみたてNISAの特徴

  • 年間の積立投資可能額が40万円
  • 非課税期間は20年
  • 投資可能期間は2018年〜2037年
  • 購入できる投資商品が限られている
  • 買い付けは自動で行われる

年間の積立投資可能額が40万円

年間の投資額の上限が40万円に制限されています。もし投資可能額を使い切るとすると月々33000円の積立となります。

投資可能額は使い切らなくても問題ありませんが、次の年に繰り越す事はできませんので注意しましょう。

ちなみに購入した投資商品を売却しても投資枠は復活しません。その為売買を繰り返し差益を狙うのでは無く、長期運用がおすすめです。

つみたてNISAは長期での資産形成を目的としています。

長期運用で利益を狙いますので購入したら基本的に放置がおすすめです。

毎日積み立てる場合は1日1600円ずつになります。

非課税期間は20年

購入した投資商品を非課税で運用できるのは最長で20年となります。

2019年に購入した投資商品は2038年まで非課税で運用ができます。

非課税期間が終了した際は売却して現金にするか、特定口座(課税口座)に移動することが可能です。

例えば2019年に40万円分の投資商品を購入し2038年に100万円になっていた場合。

売却した場合は非課税の為100万円をそのまま受け取ることが可能です。

特定口座に移動した場合は100万円に関しては非課税となり、特定口座に移動した後に発生した利益に関しては課税されることとなります。

20年売却ができない訳ではなく、お好きなタイミングで売却することが可能です。

投資可能期間は2018年〜2037年

つみたてNISA口座で投資商品の購入ができるのは現時点では2037年までとなっています。

2018年からつみたてNISAを始め、2037年まで毎年上限の40万円を投資した場合は最大で800 万円を投資することができます。

そのため2019年からつみたてNISAを開始した場合は最大で760万円、2020年から始めた場合は最大で720万円と年々最大投資可能額が減っていってしまいます

2037年に購入した投資商品は最長で2056年まで非課税で運用可能です。

始めるタイミングが遅れるとその分最大投資可能額も減ってしまいます。

購入できる投資商品が限られている

冒頭でも書きましたが、つみたてNISAで購入できる投資商品は投資信託となっています。

数千種類ある投資信託の中から金融庁が厳選した投資信託のみが購入可能となっています。

さらにつみたてNISAに合わせて信託報酬が低く設定されており、つみたてNISAでしか購入できない投資信託も数多くあります。

投資商品が限定、厳選されているため投資初心者の方でもぼったくり商品を掴まされる心配も少ないですし、長期の運用で比較的利益がでやすい投資方法です。

短期で利益を出したいという方はつみたてNISAはおすすめしません。

買い付けは自動で行われる

つみたてNISAは名前の通り積立で投資をしていきます。

投資する投資信託が決まったら積立金額と積立頻度を設定します。その後は設定通りに自動で投資信託の買い付けが行われます。この設定は後からいつでも変更可能です。

そのため本業が忙しい方でも最初の設定さえしてしまえば後は基本的に放置で資産形成が可能です。

積立の頻度は毎日積立がおすすめです。

毎日一定額を継続し積み立てることにより、投資商品の平均取得価格を下げることができます。長期投資では大きな力を発揮しますので毎日積立を使用しましょう。

証券会社によって設定可能な積立頻度は変わりますが、僕も利用している楽天証券であれば毎日積立設定が可能です。

買い付けが自動で行われますので一度設定してしまえばその後は特に何もすることはありません。

一定額を定期的に継続して投資する事をドルコスト平均法といいます。

さいごに

つみたてNISAはかなりメリットの多い制度です。長期の資産形成を目的としている方にはピッタリの投資方法かと思います。

証券口座やNISA口座の開設は無料でできますので利用しないのはもったいないですよね。

楽天証券では楽天ポイントで投資信託の買い付けができますので、現金を使わずに投資信託を購入することも可能です。

つみたてNISAを始めた場合は短期間で成果は出ませんので基本的に放置でOKです。

それでは将来に備えて着実に資産形成をしていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました