ストックフォトとは?副業になるのか?

副業

こんにちは

ストックフォトとは何?副業になるの?という方に向けてストックフォトサービスの概要と副業になり得るのかを解説していきます。

まず、『副業になるのか』の結論ですが大きく収益をあげるには相当な努力と機材、撮影環境が必要になります。

ですが気軽にお小遣いを稼ぐくらいでしたらスマホと少しの努力で実現可能です。

ストックフォトとは?

ストックフォトとは自身がクリエイターとなり撮影した写真をストックフォトサイトへアップロードします。アップロードした写真は審査され、審査を通過した素材がストックフォトサイト上で公開されます。

その素材が誰かに購入またはダウンロードされると報酬が得られるサービスのことです。

つまり写真をお金に変えられるという事ですね。

得られる報酬は使用するストックフォトサイトによって違います。それぞれ一長一短ありますので、自分の使い方にあったサイトを選ぶのが良いかと思います。

ストックフォトは副業となるか?

ストックフォト一本での生活や大きく稼ぐというのはなかなか難しいかと思います。

ですが参入のハードルが低く、リスクもないため副業としてはおすすめできます。

なかにはストックフォトでかなりの収益をあげているトップクリエイターの方たちもいますが、相当な努力と継続が必要かと思います。

そのため趣味の延長でお小遣いも稼げるくらいの気持ちで始めるのが良いかもしれませんね。

ですが一度アップロードした写真はサービスが終了しない限りはストックフォトサイトで公開され続けますので需要のある写真であれば、継続的にダウンロードされます。

始める際に初期投資もなく、一度アップロードした写真は何もせず収益を生み続けます

これがストックフォトの1番のメリットですよね。

主要なストックフォトサイト

以下に主要なストックフォトサイトをまとめました。

ピクスタ

国内最大手のストックフォトサイトです。

1枚ごとの報酬は27円です。販売実績などにより報酬があがります。アップロードされている素材のクオリティが高く質で勝負したい方向けです。審査も厳しめです。

写真AC

他のストックフォトサイトに比べると審査がゆるいです。スマホで何気なく撮影した写真もかなりの確率で審査を通過します。

報酬が1枚3円〜10円と他のストックフォトサイトに比べると報酬が低いのがデメリットです。量で勝負する方におすすめです。

僕も写真ACを使っており、写真ACの使い方をこちらでまとめています。

Shutterstock

シャッターストックは世界最大手のストックフォトサイトです。

150カ国以上にダウンロードユーザーがおり、審査は厳しめですがとにかくダウンロードユーザーが多いため審査を通過すると売れる確率も高いです。

公式サイトは21言語に対応しており、日本語でも利用可能です。

報酬は1枚0.25ドル(約27円)です。販売実績により報酬があがります。報酬の受け取りはペイパルなどの送金サービス経由で支払われるようです。

デメリットは海外のストックフォトサイトのためタグ付けを英語で行わなければなりません。

Snapmart

スナップマートはピクスタの子会社です。

アプリから手軽に写真をアップロードすることが可能でSNSに投稿するような感覚でストックフォトを始めることができます。

報酬は1枚25円です。販売実績により報酬があがります。

iPhoneのみのアプリでしたが、最近アンドロイドにも対応したようです。

以上ストックフォトサイト4つを紹介しましたが、他にもたくさんストックフォトサイトはあります。

どれか1つに絞る必要はないため複数のサイトを併用していくのも良いかと思います。

ですがストックフォトサイトによっては他社との併用不可の場合もありますので事前に確認してみて下さいね。

ダウンロードされた写真はどこで使われるか

ではダウンロードされた写真はどういった目的で使用されるのでしょうか?

それはテレビ雑誌個人ブログ企業のホームページ広告など多技にわたります。

上の写真もストックフォトサイトでダウンロードしたニューヨークの写真ですが、こういった写真もテレビや雑誌、ブログなどでよく見かけますよね。

実際にニューヨークまで行って写真を撮るより遥かに安上がりですし、手間も全く掛かりません。

僕が写真ACでアップロードしている写真も個人のブログのアイキャッチ画像や企業の求人ページで使用されていました。

よくダウンロードされるのは?

ストックフォトサイトでよくダウンロードされる写真ですがそれは希少性の高い写真です。

普段なかなか見かけることができない物や、動物、田舎の風景などがよくダウンロードされる印象です。

また個人の特定ができなくても人物が写っている写真はよくダウンロードされます。

手軽に撮影できる写真ですと飽和状態であまりダウンロードされません。

誰がどういった目的で使用するか?を考え撮影するのが良いかと思います。

売れる写真をアップロードするコツ

写真を手当たり次第にアップロードするのも良いかと思いますが、使用するストックフォトサイトでキーワード検索をしてみて、まだほとんど誰もアップロードしていないジャンルを狙っていくのが良いかと思います。

それを探すのが難しいのですが、見つかれば大きく収益をあげることも可能かと思います。

またアップロードした写真はそのまま使われることはあまりなく、基本的に文字入れや加工をされることが多いです。

そのためメインの被写体をど真ん中で撮影するよりも文字入れの余白を考え撮影したほうがダウンロードされる確率はあがります。

さいごに

今回はストックフォトについて解説していきました。

僕自身も写真ACにアップロードしていますが、最近は収益よりも自分の写真が他の方のブログなどで使用されていることが嬉しいですね。

写真ACへ登録はこちらから

無料写真素材なら【写真AC】

登録の仕方や最初に設定するべきポイントはこちらにまとめています。

写真ACとピクスタの比較はこちらが参考になるかと思います。

3ヶ月続けた場合の収益も公開していますので良かったらあわせて読んでみてください。

タイトルとURLをコピーしました