メルカリのスピード発送バッジとは?取得条件やルールなどをまとめました。

メルカリ スピード発送バッジ 副業

メルカリで商品を見ているとたまにスピード発送バッジが表示されている方を見かけますよね。

この出品者は平均24時間以内に発送しています」っていうアレです。

あのバッジはいったいどうやったらゲットできるんだろう…?と疑問に思っている方も多いのではないでしょうか?

スピード発送バッジに関してはメルカリの公式ページにも記載が少なくあまり情報がないんですよね。

そこでメルカリのスピード発送バッジに関して徹底的に調べてみた結果と実際に自分で取得してみて気づいたポイントをまとめてみました。

スピード発送バッジとは?

スピード発送バッジ

スピード発送バッジとはメルカリの商品ページに表示されるこのようなバッジです。

このバッジは購入された商品を平均24時間以内に発送している出品者に対してメルカリから付与されるんですね。

このバッジがあると購入者へ発送の速さをアピールできますからメルカリで物販をしている方であれば絶対にあったほうが有利です。

スピード発送バッジはどこで見れる?

スピード発送バッジは出品している商品ページに表示されます。

メルカリのマイページなどにはスピード発送バッジは表示されないんですね。

ですからスピード発送バッジが表示されているか自分で確認する場合はご自身が出品している商品を開きましょう。

スピード発送バッジ

このように商品ページ下部の出品者情報のところにスピード発送バッジは表示されます。

そんなスピード発送バッジですがただ24時間以内に発送すればOKというわけではなく、バッジの付与には条件があるんですね。

その条件を次にまとめました。

スピード発送バッジの取得条件

・スピード発送バッジの取得条件
売却済み商品のうち、カウント対象となる商品の平均発送時間が24時間以内の出品者

・カウント対象となる商品とは
発送までの日数を「1〜2日」で設定している商品

つまり発送までの日数を「1〜2日」に設定している商品が売れたら24時間以内の発送を徹底することでスピード発送バッジをゲットできるということですね。

注意するポイントは発送までの日数を1〜2日に設定している商品のみがカウント対象ということです。

そのため発送までの日数を「2〜3日」にしている商品の発送をいくら頑張ってもスピード発送バッジの付与には影響しません。

そのためスピード発送バッジがなかなか取得できない…という方は発送までの日数が1〜2日になっているか確認するのがおすすめですよ。

スピード発送バッジのカウント対象

メルカリの公式サイトにはスピード発送バッジのカウント対象に関して以下のように記載があります。

・スピード発送バッジは、過去の実績を元に平均発送時間を算出し表示しています。

・平均発送時間のカウント対象期間は開示しておりません。

これを見る限り、1〜2日に設定した商品のすべてがカウント対象となっているわけではないと考えられます。

つまり過去の取引実績のうちメルカリが選定した期間の平均発送時間が24時間以内であればバッジが付与されるようですね。

このカウント対象期間は公表されていませんのでやはり愚直に迅速な発送を続けるのがバッジ取得の近道だと思います。

カウント対象の発送方法

メルカリ便じゃないとカウント対象にならないのかな?

スピード発送バッジは基本的にどの発送方法でもカウント対象になります。

なんとなく追跡ができる発送方法のみがカウント対象だと思ってしまいますよね。

ですが僕自身、追跡なしの普通郵便のみで発送していた時期にもしっかりスピード発送バッジが付与されていましたので間違いありません。

また一部スピード発送バッジのカウント対象外となる発送方法があります。

カウント対象外の配送方法

・たのメル便
・らくらくメルカリ便の集荷サービス

あまり使っている方は多くないと思いますが上記のような集荷サービスでの配送はスピード発送バッジのカウント対象外となります。

発送時間のカウント開始タイミング

メルカリ 取引画面

スピード発送バッジの取得で重要な「商品が購入されてから発送するまでの時間」とはドコからドコまでの時間なのか気になりますよね。

これは取引ステータスが「発送待ち」となってから発送通知を押すまでの時間がカウント対象となります。

つまり発送時間のカウントは購入者が支払いを完了した時点からスタートということですね。

購入者がコンビニ払いを選択していてなかなか支払われず発送ができない…

これでバッジが消えないか不安…

という方もおられるかと思います。

ですが取引ステータスが支払い待ちの時間はスピード発送バッジには全く影響ありませんので心配は不要ですよ。

スピード発送バッジが消える場合

スピード発送バッジはずっと表示されるわけではなく、消えてしまう場合もあるんですね。

バッジが消える原因は以下の2つです。

・平均発送時間が24時間を超えた場合

・メルカリでの販売実績がしばらく無い場合

それぞれ詳しくまとめました。

平均発送時間が24時間を超えた場合

スピード発送バッジは平均発送時間が24時間以内の出品者のみに付与されますので平均発送時間が24時間を超えた場合はバッジが消えてしまいます。

あくまで「平均」発送時間ですので1回くらい24時間を少し超えてもそれ以外の発送を早く行っていれば問題はありません。

ですが24時間を大きく超えてしまうとその後、平均発送時間を下げるのが大変になってしまいますから気をつけましょう。

メルカリでの販売実績がしばらく無い場合

メルカリでの販売実績がしばらく無い場合もスピード発送バッジが消えてしまうようです。

どのくらいの期間販売をしないとバッジが消えてしまうのかはわかりませんが僕の場合は3ヶ月ほど販売しないでいたら消えてしまったんですね。

メルカリの公式サイトには「スピード発送バッジは、過去の実績を元に平均発送時間を算出し表示しています」とあります。

そのため過去の販売実績がなくなったためバッジが消えてしまうのだと考えられます。

消えてしまったのにはビックリしましたがその後、再度迅速な発送を徹底することですぐにバッジを復活させることができました。

スピード発送バッジが消えてから復活するまではこちらにまとめています。

スピード発送バッジのメリット

貯金箱

スピード発送バッジの最大のメリットは信頼度の高い出品者であることを購入者にアピールできる点です。

メルカリの取引は通常の通販サイトなどと違って個人対個人の取引になりますよね。

そのため購入者は通販サイトでの買い物に比べてメルカリでの買い物は警戒心が高くなりがちです。

なかでもメルカリでは購入後になかなか発送されないことも多く、購入者はそのような無駄なトラブルを避けたいと考えています。

価格の高い商品ならなおさら警戒心も高くなってしまいますよね。

そこでこれらの不安を払拭するため購入者は過去の評価などで出品者の信頼度を確認します。

ですが出品者の評価を確認するには商品ページから出品者のページに移動したのち評価一覧をタップする必要があります。

これって正直確認までの手順が多く手間ですから購入を決意した商品でしか行わない動作だと思います。

対してスピード発送バッジは商品ページに表示されますから購入者は商品を見る際にバッジも確認することになります。

これだけでその商品は「発送されないトラブルは起こらない」と購入者に印象づけることができますよね。

メルカリでは信頼度がなにより重要ですからメルカリで物販をするのであればスピード発送バッジは絶対あったほうが良いです。

バッジがあるだけで同ジャンルを扱うライバルより一歩リードすることができますよ。

スピード発送バッジのデメリット

スピード発送バッジのデメリットはバッジの表示・非表示を選択できないことです。

スピード発送バッジをゲットすると自分が出品しているすべての商品に自動でバッジが表示されるんですね。

このバッジ表示は強制でして商品ごとの表示・非表示も選択することはできません。

さらに厄介なのは発送までの日数を2〜3日に設定している商品にもスピード発送バッジが表示されてしまうことです。

購入者も商品ページでスピード発送バッジを確認していますから早い発送を期待してしまいますよね。

そのため発送までの日数を2〜3日に設定し、期限内に発送しているにも関わらず購入者の反感をかってしまうこともあります。

もちろんスピード発送バッジが表示されているからといって24時間以内の発送を約束しているわけではありません。

ですがこのようなことで「残念だった」の評価をうけてしまうことがあるのも事実です。

ですから発送に時間がかかる商品は商品ページの説明欄にも発送までの日数を記載しておくことで無用なトラブルを避けることができますよ。

また「残念だった」の評価は消すこともできます。その方法はこちらにまとめています。

まとめ

今回はメルカリのスピード発送バッジに関してまとめました。

スピード発送バッジにはデメリットもありますが、メリカリで物販をしている方はゲットしておくのがおすすめですよ。

またメルカリの物販では思ったように稼げない…という方は完全在宅でスキマ時間を有効活用できる副業「コールシェア」がおすすめです。

コールシェアの詳細はこちらからすぐにチェックできますよ。

タイトルとURLをコピーしました