メルカリで残念だったの評価をつけられるのはどういう時?意外とやりがちなNG行動と対策まとめ

残念だったになりやすい行動 副業

メルカリを利用する上で評価はとっても重要です。

残念だったの評価が多いとたとえ出品している商品が良くても購入者が警戒してしまい、売り上げが落ちてしまうんですね。

もちろんメルカリを利用している方は残念だったの評価をつけられないために気をつけて取引をしているかと思います。

ですが悪気はなく、残念だったの評価を受けてしまうようなNG行動をしてしまっている方もおられます。

今回はメルカリで600回以上の取引をしている僕が意外とやりがちな「残念だった」の評価につながるNG行動とその対策に関してまとめました。

出品者が残念だったをつけられる行動

残念

メルカリの出品者が残念だったの評価をつけられるのはどういう時かまとめました。

・無言取引
・発送の遅れ
・商品の傷や汚れ

それぞれ詳しくまとめました。

無言取引

メルカリは取引メッセージを一度も送らなくても問題なく取引は完了できます。

この取引メッセージを送らない「無言取引」は残念だったの評価をつけられる可能性がものすごく高いんですね。

終始無言で不安な取引でした」なんて残念だったの評価をつけられている方をよく見かけます。

ですがヤフオクなどでは無言取引が基本でして取引メッセージをマメにやりとりするのはメルカリ独特のカルチャーだと言えます。

そのためヤフオク物販からメルカリ物販へ切り替えた方などは悪気はなく無言取引を行いがちです。

そこで残念だったの評価をつけられないために出品者が取引メッセージを送るべきタイミングをまとめました。

・商品が売れた時
・商品の発送が完了した時

上記のタイミングでメッセージを送ればまず問題はないですよ。

発送の遅れ

亀

通常のECサイトのように当日、翌日発送を期待している購入者がメルカリにはとても多いです。

出品の際に設定する発送までの日数を2〜3日にしているにも関わらず発送を急かしてくる方もおられるんですね。

そのような購入者に当たってしまうと期限内に発送したとしても残念だったの評価をつけられてしまう事もあります。

そのため購入のお礼メッセージを送る際に発送の予定日も合わせて購入者へ伝えるのがおすすめですよ。

僕も毎回行っていますがこれで発送に関してのトラブルはほぼなくなりました。

とくにスピード発送バッジが表示されている方は購入者から24時間以内の発送を期待されている可能性が高いため注意が必要です。

スピード発送バッジってなに?という方はこちらが参考になるかと思います。

商品の傷や汚れ

商品の傷や汚れも残念だったの評価をもらいやすいポイントです。

自分は気にならないような目立たない傷だとしても気になる人には見過ごせない傷だったりもします。

そのため小さな傷だとしても商品画像と商品説明にしっかり記載しておくことが重要です。

また商品についているニオイにも気をつけるべきです。

とくにタバコやペットのニオイに敏感な方も多く、そのような方から「商品がとてもタバコ臭かった」なんて評価を受けてしまうとその他の商品の売れ行きにかなり影響を与えてしまいます。

ですから喫煙している方やペットを飼っている方はニオイのつかない部屋で商品を保管するのがおすすめです。

またすでにニオイがついてしまっている商品に関しては必ず商品説明にその旨記載するようにしましょう。

購入者が残念だったの評価をつけられる行動

残念

次にメルカリ購入者が残念だったの評価をつけられてしまう行動をまとめました。

・発送を急かす
・受取評価が遅い
・購入後の梱包指定

それぞれ詳しくまとめました。

発送を急かす

メルカリは個人対個人の取引ですから通常のECサイトと比べるとどうしても購入者は不安になってしまいますよね。

本当に発送してくれるだろうか…?という不安で「発送はまだですか?」とメッセージを送りたくなってしまう気持ちもわかります。

ですが出品者も基本的には個人ですから仕事の都合や梱包の準備などで発送が遅い方も多くおられます。

そのため商品に設定されている発送までの日数を過ぎていないのであれば発送を急かすのはやめておきましょう。

受取評価が遅い

メルカリではお互いが評価をし合うことで取引が完了します。

出品者は取引が完了したタイミングで売り上げを受け取ることができるんですね。

そのため購入者が受取評価をなかなかしてくれないと売り上げが受け取れず、不満に感じる出品者も多くおられます。

ですから荷物を受け取り、商品が問題ないかをしっかり確認したら忘れずに受取評価をするようにしましょう。

たまに取引メッセージから受取評価を急かしてくる出品者もいるようですが商品を確認していない状態で受取評価をするのは絶対にNGです。

なぜかというとメルカリでは「評価の完了=問題なく取引終了」という事ですから万が一商品に問題があった場合に対応がむずかしくなってしまいます。

さらに商品に問題があることを知っていながら発送をし、評価を急かしてくるような悪質な出品者もいるようですので注意しましょう。

購入後の梱包指定

購入後の梱包指定は出品者から嫌がられる可能性が高いです。

メルカリで商品を出品するときに出品者は梱包方法を考え、送料を確定させた上で商品価格を決めています。

ですが購入後に
・封筒でなくダンボールで梱包してください
・プチプチを最低でも2重にしてください
などの指定があると梱包後のサイズが大きくなり送料が高くなってしまうんですね。

メルカリではほとんどの商品が送料は出品者負担となっていますから送料が高くなった分売り上げが減ってしまいます。

購入前であれば価格変更などの交渉ができますが、購入後ですと価格変更はできませんので上がった送料分を出品者が負担することになってしまいます。

そうなると出品者から残念だったの評価をつけられてしまう可能性もあります。

そのためもしも梱包に指定があるようでしたら購入前に対応可能か商品ページのコメントから確認するうようにしましょう。

残念だったの評価がついてしまったら

悲しい犬

メルカリにはいろいろな考えの方がいますので取引件数が増えてくると残念だったの評価がついてしまうこともあります。

ですがそれは事故のようなものですから気にせず、次から同じ理由で悪い評価をつけられないように気をつけましょう。

また残念だったの評価は消すことができます。

やり方はかんたんで残念だったの評価をつけられてから良かったの評価を連続で100回もらうだけです。

厳密に言うと残念だったの評価が消えるわけではなく、非表示になるんですね。

残念だったの消し方に関してはこちらにもっと詳しくまとめています。

まとめ

今回は意外とやりがちな残念だったの評価をつけられやすい行動をまとめました。

メルカリには独特なメルカリ独自のカルチャーがありますのでヤフオクなどから流れてきた方は最初とまどってしまう事も多いかと思います。

ですが今回紹介したこれらの行動を避けるだけで残念だったの評価をつけられる可能性はグッと下がります。

またメルカリの物販では思うように稼げない…という方は完全在宅でスキマ時間を有効活用できる「コールシェア」がおすすめですよ。

コールシェアに関してはこちらからすぐにチェックできます。

タイトルとURLをコピーしました