海外輸入転売を始める前に不安だったこと。実際に2年以上やってみてわかったこと。

海外輸入転売不安だったこと 副業

「海外輸入転売を始めたいけどなんかむずかしそう…」「英語ができないのに海外のサイトから商品を買うなんて無理!」
こうお考えの方も多いのではないでしょうか?

確かに海外輸入転売と聞くとすこしむずかしそうに感じてしまいますよね。

僕自身も海外輸入転売を始める前には同じようなことを考えており、なかなか最初の1歩を踏み出すことができなかったんですね。

ですが英語力ゼロ転売経験ゼロの僕でもなんとか収益をあげられたので大丈夫です。

英語がまったくできないから不安…

不良品が届いたらどうしよう…

なかにはこのような不安があり、海外輸入転売を始められないという方もおられるかと思います。

そこで今回は海外輸入転売を始める前に不安だったことが2年以上やってみて実際どうだったか?をまとめました。

これから海外輸入転売を始めてみたいという方の参考になるかと思います。

海外輸入転売とは?

世界地図

海外輸入転売とは言葉のとおり海外のECサイトから商品を購入、輸入し国内で販売することです。

海外では安く売っているのに日本国内では高く販売されている商品は意外にたくさんあります。

そういった商品を輸入し国内で転売することで海外との価格差がそのまま利益となるということですね。

海外のECサイトってどんなものがあるんだろう…

仕入れる商品によって利用するECサイトは変わりますが以下のようなECサイトが有名です。

海外のECサイト

・Ali Express

・Banggood

・Fast Tech

この他にもさまざまなECサイトがあり、サイトによって商品の値段も大きく違いますからご自身が仕入れたい商品に合わせてサイトを使い分けるようにしましょう。

海外輸入転売を始める前に不安だったこと

海外輸入転売を始める前に僕自身が不安に感じていたことが実際に2年以上やってみてどうだったか?まとめました。

・英語がまったくできないから不安

・商品がちゃんと届くか不安

・不良品ばっかりだったらどうしよう

それぞれくわしく解説していきます。

英語がまったくできないから不安

僕が海外輸入転売を始めるときに1番心配だったのが英語が全くできないことでした。

かんたんな単語すらわからないほどの英語力ですから英語でメールのやりとりが必要になったらどうしよう…ととても不安だったんですね。

ですが意外と英語はできなくても困ることはありませんでした。

当たり前ですが海外のECサイトでは商品の説明ページはすべて英語で記載されています。

そういった説明ページを理解する必要がある場合はGoogle翻訳でページごと翻訳すればだいたいの概要は掴むことができます。

また僕が海外輸入転売をしていたときに1度だけ購入した商品をキャンセルするためにメールでやりとりすることがありましたが、これもGoogle翻訳で日本語を翻訳したものをそのままコピペでOKでした。

本当にGoogle翻訳ってすごいですよね。

相手からすればカタコトの英語だったかもしれませんが要件がザックリと伝わってさえいればOKです。

それにいままで色々な海外ECサイトを利用してきましたが相手と何かやりとりするようなことはほとんどありませんでした。

そのため配送先である自分の住所さえ間違いなく記載できていればほとんど国内のECサイトで商品を購入する感覚で商品を輸入することができますよ。

また海外での住所の書き方がわからない…という方はこちらが参考になるかと思います。

商品がちゃんと届くか不安

偏見かもしれませんが正直、海外輸入転売を始める前は注文した商品がちゃんと届かないんじゃないか?と不安だったんですね。

ですがこれは大きな勘違いで実際にはちゃんと商品は届きます

いままで海外ECサイトから200商品以上は輸入していますが未着や輸送中の破損などは1度もありませんでした。

日本のようにガッチガチの梱包ではありませんがギリギリ壊れないくらいの絶妙な梱包で送られてくるんですね。

また国内での通販とは違って相手方の発送連絡から実際に手元に届くまで2週間〜3週間ほどかかります。

はじめの頃は輸送中のトラブルで商品が紛失したんじゃないか?と不安になりますが忘れた頃にはしっかりちゃんと届きます。

不良品ばっかりだったらどうしよう

これは不安が的中してしまいました。

海外ECサイトは値段が安いぶん検品が不十分なのか不良品が届くことが多かったんですね

海外輸入転売をしていたときにこの不良品の多さにはとても困りました。

国内の通販で不良品が届くことはほとんどありませんが海外ECサイトで購入した商品は大体10個に1個は不良品が混じっていました。

そのため国内での転売のように購入した商品を検品無しでそのまま発送するのはとてもリスクが高く検品は必ずする必要があったんですね。

もしも不良品を転売してしまうと購入してくれた方に迷惑をかけてしまうだけでなく、代わりの商品を手配するのにも時間がかかるため不良品のチェックは特に気をつけるべきポイントです。

また海外から届いた不良品に関しては返品も可能ですが発送や英語でのやり取りの手間を考えて僕は1度も返品はしていませんでした。

取り扱っていた商品が1個1000円ほどと安価な商品だったためある程度の不良品は無視しても問題ありませんでしたが高価な商品を取り扱う方は必ず返品方法をチェックするようにしましょう。

まとめ

今回は海外輸入転売の副業をやるまえに不安に思っていたことが実際に2年以上やってみてどうだったか?をまとめました。

不良品が多いことを除けばほとんど国内の通販サイトで商品を購入する感覚で海外からの商品を輸入することができます。

いままで2年間で200商品以上を輸入していますがこれといって目立ったトラブルなどもなく取引ができています。

そのため現在海外輸入転売を始めてみようか悩んでいる方は試しに2、3個輸入転売してみて慣れてきたら仕入れ個数を増やしてみるのがおすすめですよ。

また海外輸入転売以外にいままで挑戦してみた副業に関してはこちらにまとめていますのでこれから何の副業を始めようか悩んでいる方の参考になるかと思います。

タイトルとURLをコピーしました