毎月3万円を確実に貯金するために僕がやってみたことまとめ

毎月3万円確実に貯金 お金

「毎月あと3万円くらいあれば生活も楽なのになぁ」とお考えの方も多いですよね。

僕も数年前に「誰でもすぐに始められて再現性も高くラクに3万円稼げる副業はないかなぁ?」なんてわがままなことを考えていたんですね。

実際にはそんな「おいしい副業」はありませんし、あったとすればそれはきっと詐欺だと思います。

そんな数年前に悩んだ末たどり着いた答えは「毎月3万円稼ぐ」のではなく「毎月3万円固定費を下げる」ということでした。

この支出を下げるという行為は「誰でもすぐに始められて再現性も高くラクに」という僕の願望とピッタリ一致していたんですね。

そこで今回は毎月の固定費を3万円削減することができた僕が実際に行った固定費削減したものをまとめました。

支出削減をする前に大事なこと

ブタの貯金箱

収入を増やすよりも支出を減らすことのほうがかんたんですしその効果はずっーと継続します。

ですから副業で収入を増やすよりもまずは毎月の固定費を下げることに注力したほうが圧倒的に効率的なんですね。

それに固定費を削減するとすぐに効果を実感することができますから楽しくなってどんどん無駄を削ぎたくなってしまいます。

ですが何でもかんでも支出を削って生活水準が下がり心が貧しくなるようでは本末転倒ですよね。

そのため僕が固定費を削減しているときに1番重要視していたのは生活の満足度を下げないようにすることでした。

極限まで無駄を削げばさらに固定費を下げることはできますが何事もほどほどが大事ということですね。

僕が実際に削減した固定費

実際に数年前に僕が削減した固定費をまとめました。

・使っていないサービスの解約

・スマホ代

・医療保険

・自動車保険

それぞれくわしく解説していきます。

使っていないサービスの解約

明細を確認

僕が1番はじめに手をつけたのは使っていないサービスがないかを徹底的に調べることでした。

具体的にはクレジットカードの明細や銀行の通帳などを確認し毎月なににどのくらいの金額を支払っているかを確認したんですね。

また明細からではわからない細かい内訳に関してはWEBから契約内容を調べることでとにかく支出を把握することに注力していました。

すると自分が考えていた以上に使っていないサービスに毎月無駄なお金を支払っていたことに気付きました。

「最初の1ヶ月は無料だから…」と契約した動画サービスや固定回線を契約した際に抱き合わせで契約をしたオプションサービスなどなど無駄な出費がとても多かったんですね。

これらのサービスを即解約することで毎月約4000円の固定費を削減することができました。

月4000円ですと大したことないように感じますが年間にすると48000円ですから無視できない金額ですよね。

使っていないサービスの解約

削減できた金額(月)
4000円

削減できた金額の合計(月)
4000円

スマホ代

次に気になったのは毎月のスマホ代の高さでした。

当時の僕は大手キャリアでスマホを契約しており毎月約9000円の通信費を支払っていたんですね。

いま思うと月9000円のスマホ代は驚異的な高さですが当時はなにも疑問に感じていませんでした。

本当にもったいないですよね。

そこで当時はMVNO(格安SIM)だった楽天モバイルに切り替えることで毎月のスマホ代を980円に下げることができ、毎月8000円の支出削減に成功しました。

また格安SIMに切り替える前は通話品質の低下や通信速度の低下を心配していましたが僕の場合は全く問題はありませんでした。

さらに今では大手キャリアでも価格の安いプランがたくさん出ていますからスマホ代を下げるハードルはとても低いと言えます。

そのためだいぶ前に契約した古いプランのままスマホをご利用している方はとてもかんたんに支出を下げることができますから1度確認されるのがおすすめですよ。

スマホ代

削減できた金額(月)
8000円

削減できた金額の合計(月)
12000円

医療保険

僕は社会人になったときに保険屋さんの言われるがままに医療保険に加入しており特に見直すこともなくずっと同じ医療保険に加入していたんですね。

これがだいぶ手厚い保障でして毎月約15000円ほどを支払っていました。

毎月「保険代高いなぁ…」と思いながら支払っていたのですが保険ってよくわからないしなんだか見直すのはめんどくさいなぁ…と後回しにしてしまっていたんですね。

ですがこの「めんどくさくてよくわからないこと」にこそ大きな無駄があることが多いんです。

実際に僕も医療保険をしっかり見直し必要最低限な保障内容に変更することで医療保険代は月に2000円に抑えることができました。

毎月約13000円の支出削減ですね。

また日本にはとっても手厚い公的医療保険がありますから保険についての知識がつけばつくほど「民間の医療保険は不要なんでは?」と思ってしまいます。

ですが「まったくの無保険もなんだか心配…」と優柔不断な性格なためお金の面でも精神的な面でも心地の良い最低限の医療保険に加入することで落ち着いています。

もし最低限の医療保険っていったい何を選べばいいの…?という方はプロに1度無料相談してみるのも1つの手かと思いますよ。

医療保険

削減できた金額(月)
13000円

削減できた金額の合計(月)
25000円

自動車保険

僕が住んでいる地域は田舎でして車がないと生活ができませんので車は必須なんですね。

そのため自動車保険も必ず必要な固定費の一部となっています。

この自動車保険もはじめて車を購入したときに保険屋さんの言われるがままに契約したものをずっと継続しており毎月7500円ほど支払っていました。

この自動車保険に関しては正直そこまで高いとは思っておらず、妥当な金額だと考えていたんですね。

ですがものは試しにということで数社で見積もりをとってみた結果、想像以上に保険代を抑えることができることに気付きました。

結果的に毎月7500円支払っていた自動車保険は毎月2500円にまで抑えることができました。

これは本当にビックリしました。

またさらに驚いたのが月5000円も保険料を下げたのに保障内容は以前よりも手厚くすることができたんですね。

これは乗っている車種によっても違うのかもしれませんがいままで1度も自動車保険を見直したことがないという方は見直されるのがおすすめですよ。

またこちらのサイトで一括で見積もりをとることができますから時間の短縮にもなります。

自動車保険

削減できた金額(月)
5000円

削減できた金額の合計(月)
30000円

まとめ

今回は僕が実際に固定費削減を徹底的にやってみたときに効果の大きかったものを4つまとめました。

結果的に月30000円、年間で36万円もの支出を抑えることができました。

年間で36万円も余剰資金が作れたということは月収が1ヶ月分増えたと考えることもできますよね。

さらにこの36万円は実際に年収が増えたわけではありませんから課税されることもありません。

通常収入が増えた場合はその分収める税金も増えてしまいますが、支出を減らす分には納税額が増えることはありません。

そのため収入を上げるよりも支出を減らすことのほうが圧倒的に資産を増やすのに有利なんですね。

支出をしっかり抑えたあとに収入を上げることで効率的に資産を築くことができるかと思います。

支出を抑えたあとにどんな副業を始めようか悩んでいる方はこちらにいままで実際にやってみた副業をまとめていますから参考になるかと思います。

タイトルとURLをコピーしました