メルカリ金額提示なしの値下げ交渉に対するベストな回答と対応

メルカリ値下げ交渉 副業

メルカリで物販をしていると返答に困るコメントがよくきます。

その中でも「こちらの商品はお値下げ可能でしょうか?」という金額提示なしの値下げ交渉が1番返答に困るんですね。

正直、値下げ可能かどうかなんて「購入者の希望金額による」としか言えないのが本音ですよね。

しかもこの質問たまになら良いのですが、かなりの頻度でいただきます。

毎回返答に悩んでいろんなパターンで対応してみた結果ベストな回答と悪い回答の仕方がわかってきました。

そこで今回は金額提示なしの値下げ交渉に対するベストな回答と僕が今までしていた悪い回答をまとめました。

また今回紹介する例文はそのままコピペして頂いてもOKですよ。

金額提示なしの値下げ交渉に対するベスト回答

最善を尽くす

まずコメントを返す前にどのくらいまで値下げできるかを考え、その金額へ価格を変更してしまいましょう。

また経験上そこまで大きく値下げせず、気持ち程度の値下げでも購入されることが多いです。

そしてコメントの返信は

〇〇円まで値下げ可能です。ただいま価格を変更しましたのでご納得いただけましたらご購入をお願いします。

これが金額提示なしの「こちらの商品はお値下げ可能でしょうか?」に対するベストな回答だと思います。

金額提示なしの値下げ交渉は価格が決まるまでコメントの送り合いで無駄な時間がかかる場合が多いんですね。

そのためコメントのやりとりはせずに値下げをしてしまい、納得すれば購入してもらう方が時間も無駄になりません。

いままで何度もこの質問に返答していますがこの回答と対応がその後購入される確率が高かったんですね。

もしも上記の対応をして24時間たっても購入されない場合は折り合いがつかなかったと考え、コメントは消してしまいます。

また価格は元に戻すこともあればそのままで販売してしまうこともあります。

次に悪い回答をまとめました。

金額提示なしの値下げ交渉に対する悪い回答

・値下げ可能です
・希望金額はおいくらですか?

上記のような相手からのアクションを待つような返答は悪い回答だといえます。

僕も最初の頃は「ご希望の金額はおいくらでしょうか?」と返答していたんですね。

ですが何故か9割方その後の返答はなく、希望金額を聞けないことがとても多かったです。

そうなると返答を待つ時間がとても無駄ですよね。

そしてなによりその商品を購入しようとしている他の方が値下げ交渉中の商品だと思い購入をあきらめてしまう可能性だってあります。

そのため値下げ交渉に対してはできるだけ短時間で無駄なコメントのやりとりを発生させないのが最適解です。

値下げ可能ですか?の真意

残念そうな卵

金額提示なしの「こちらの商品はお値下げ可能でしょうか?」という質問ってよく考えると不思議ですよね。

この質問の回答としては「はい」か「いいえ」の2択ですがおそらく質問者はこの返答は期待していないはずです。

さらに金額提示もないため質問者も希望金額があるわけでもなさそうです。

そのためこの質問の真意は「割増価格で出品していないですか?」だと思います。

もっと噛み砕くと「この商品は値下げ交渉される前提の価格で出品していないですか?もしそうであればその分の値下げは可能ですか?」です。

メルカリでは値下げ交渉が頻繁に行われていますから出品者によっては値下げ交渉される前提で少し価格を高めに設定している方もいるんですね。

出品者としてはそのままの価格で売れればラッキーですし値下げ交渉があれば割増価格から本来販売したかった価格へ変更するだけですから損はありませんよね。

そんな出品者が増えていることに購入者も気づいているため「こちらの商品はお値下げ可能でしょうか?」という質問が増えているのだと思います。

つまり質問者は「少しでも安く買って得をしたい」というより「割増価格で買って損をしたくない」という考えが強いんだと思います。

まとめ

今回は金額提示なしの値下げ交渉「こちらの商品はお値下げ可能ですか?」に対するベストな回答をまとめました。

もしも値下げ不可な商品であればきっぱりと断るべきですが、気持ち程度の値下げができる商品であれば値下げ対応をするのがおすすめですよ。

またメルカリの物販では思ったように稼げない…という方は完全在宅でスキマ時間を有効活用できる「コールシェア」がおすすめです。

コールシェアに関してはこちらからすぐにチェックできますよ。

タイトルとURLをコピーしました