メルカリで売れた商品をPUDOで発送するときに注意するポイント

メルカリPUDO気をつけるポイント 副業

オープン型宅配ロッカー「PUDO」で試しにメルカリで売れた商品を送ってみたらとんでもなく手軽で便利でした。

それからはPUDOを多用しているのですが何度かPUDOでの発送をしてみて感じた気をつけるポイントがありましたのでまとめました。

24時間非対面で発送作業が可能なPUDOをこれから使ってみたいという方の参考になるかと思います。

PUDOでの発送で気をつけるポイント

宅配ロッカー

・ネコポスの発送

・発送不可のサイズもある

・発送控えがない

それぞれ詳しく解説していきます。

ネコポスの発送

PUDOでネコポスの発送作業をする場合は荷物のサイズと重さをしっかりご自宅で確認するようにしましょう。

ネコポスの発送は荷物の厚さを3cm以内に収めるのが絶対条件です。

ヤマト運輸の窓口での発送でしたらその場で計測をし引受けとなります。

ですがPUDOでの発送はロッカーに荷物をいれるだけですからサイズや重さの計測をせずに荷物の預け入れができてしまうんですね。

そのため若干サイズオーバーしている荷物でも気づかずに発送手続きが完了してしまう可能性があります。

その場合はネコポスから宅急便に自動で切り替わりますから購入者へ荷物が届かないということはありません。

また送料もネコポスの175円から60サイズの宅急便700円へ変更となり売り上げから引かれることになります。

ですが本当にコワいのは売り上げが700円もなく送料分が不足してしまう場合です。

もしも売り上げで送料分が不足してしまう場合は不足分に関してはメルカリが負担をしてくれます。

また不足分をあとから請求されることもないんですね。

ですがそのような迷惑行為を繰り返してしまうとメルカリからペナルティを課せられる可能性がとても高いです。

メルカリで物販をしている方はそれだけは避けたいですよね。

ですからPUDOでの発送の場合は必ず事前に重さとサイズの計測を徹底するようにしましょう。

僕も使っていますがコレめちゃくちゃおすすめですよ。

発送不可のサイズもある

らくらくメルカリ便で発送ができる最大のサイズは160サイズですよね。

ですがPUDOでは最大で140サイズまでの取り扱いとなっており、PUDOからは160サイズの商品の発送は不可です。

これはなぜかというと160サイズはPUDOのロッカーに収めることができないためなんですね。

以下にPUDOのロッカーサイズをまとめました。

ロッカーサイズ横幅×奥行き×高さ
S サイズ44cm×55cm×8.5cm
M サイズ44cm×55cm×18cm
L サイズ44cm×55cm×37cm

ロッカーサイズは横幅と奥行きはすべて共通でS M Lで変わるのは高さのみです。

また当たり前ですがロッカーに収まりきらない商品はPUDOから発送することができません。

そのためたとえ140サイズ以内の荷物だとしても極端に1片が長い荷物はロッカーに収まりきらない可能性もあります。

ですからPUDOから発送をする際は事前にご自宅で荷物のサイズをしっかりチェックするようにしましょう

発送控えがない

通常、荷物の発送をした際には発送控えを受け取りますよね。

ですがPUDOで発送した場合は発送控えがありません

簡易的なレシートのようなモノさえありませんから荷物の引受けがされるまでは本当にロッカーに荷物を入れたのかどうかは自分しか知らない状態になってしまうんですね。

僕も初めてPUDOを利用したときは少し不安でしたが未着や荷物の紛失などのトラブルは1度もありません。

ですから現在は控えがなくても安心して荷物を発送することができています。

もしもどうしても発送控えがないと不安だという方はPUDOの画面に表示される発送完了の画面を写真で撮っておくのがおすすめです。

発送完了画面には荷物を入れたロッカー番号が表示されますからもしもの時に役立つかと思います。

まとめ

今回はメルカリで売れた商品をPUDOで発送する際に気をつけるポイントに関してまとめました。

PUDOは非対面で発送作業ができて便利な反面、非対面だからこそ気をつけるべきポイントも多数あります。

とくにPUDOを使ってネコポスサイズの荷物を送る際は発送前にしっかり荷物のサイズや重さを測定するようにしましょう。

またPUDOでの発送の仕方についてはこちらにまとめていますから参考になるかと思います。

タイトルとURLをコピーしました