メルカリで売れた商品をPUDOで発送する方法

メルカリPUDO送り方 副業

このごろ街中でPUDOと書いてある大きなロッカーをよく見かけるようになりましたよね。

コレ「PUDO」(プドー)って言うんですけど最近らくらくメルカリ便がPUDOに対応したようなので試しに使ってみたんですね。

1回だけ試しに使ってみようかなぁくらいの軽い気持ちで使ってみたんですがコレがビックリするくらい便利で出品している商品のほとんどをらくらくメルカリ便に変更しちゃいました。

今回はそんなPUDOを使った商品の発送方法や注意点、メルカリでの操作方法まで詳しくまとめました。

メルカリで物販をしている人はPUDOでの発送がめちゃくちゃ楽でおすすめですよ。

そもそもPUDOとは?

PUDOとは24時間いつでも都合の良いタイミングで荷物の発送、受け取りができるオープン型宅配便ロッカーです。

PUDOは駅やスーパー、コンビニ、ドラッグストアなどに設置されていますからご自身が使いやすい場所にあるロッカーをいつでも利用することができます。

PUDO
メルカリ公式サイトから引用

外観はこんな感じで街中で見たことあるという方も多いのではないでしょうか?

では次にメルカリで売れた商品をPUDOで発送する方法を細かくまとめました

メルカリでの操作

PUDOを使った発送は現時点ではらくらくメルカリ便のみで対応しています。

ゆうゆうメルカリ便ではPUDOで発送できませんので注意が必要です。

メルカリ操作画面

まず売れた商品の取引画面で「コンビニ・宅配便ロッカーから発送」を選択し、続けて「宅配便ロッカーPUDO」をタップしましょう。

メルカリ操作画面

すると配送用QRコードの生成画面が開きます。

ここで送る商品のサイズを選択し品名を記入したら「配送用QRコードを表示する」をタップします。

そうするとPUDOに読み取らせるQRコードが生成されます。

ちなみに表示されているパスワードはPUDOでQRコードがうまく読み取れなかった場合に使用するものですから基本的には使うことはありません。

これでPUDO専用のQRコードが生成されましたのでメルカリ側の準備は完了です。

PUDOの操作

つづいてPUDOの操作ですがこれはPUDO本体のタッチパネルで操作をします。

PUDO操作

今回は発送をしますから赤枠内の「発送」をタップします。

PUDO操作

そうすると上記のようにバーコードをスキャンするように指示がでますからさきほどメルカリで生成したQRコードをPUDOに読み取らせましょう。

PUDO

ちなみにPUDOのバーコードスキャンはPUDO本体こちらの赤枠部分にありますよ。

PUDO操作

バーコードを読み取らせると注意事項がでてきます。

OKをタップで進みましょう。

PUDO操作

つづいて荷物の補償金額や取り扱い不可の荷物に関しての注意事項を確認した上でOKをタップ。

PUDO操作

つぎに航空機搭載が不可の荷物や事前申請が必要な荷物に関しての注意事項を確認しOKをタップ。

PUDO操作

次に配送日時の指定画面に進みますが今回はネコポスの発送ですから日時指定不可のため指定なしにチェックをつけ続けるをタップします。

ちなみに宅急便の場合は日時の指定が可能ですから購入者の方から指定がある場合は間違いなく設定しましょう。

PUDO操作

配送予定日時に相違がなければ続けるをタップ。

PUDO操作

そうすると上記のようにロッカーサイズの選択に進みます。

これはご自身が発送する商品に合わせたロッカーサイズをタップするとロッカーがガチャっと自動で開きます

PUDO操作

もしもロッカーのサイズを間違えてしまっても上記のサイズ変更ボタンでサイズの変更はすぐにできますから間違えてしまっても問題ありませんよ。

開いたロッカーに商品を入れたら扉がカチャッと音がするまでしっかり閉めましょう。

PUDO操作

扉を閉めると画面がこのような最終確認へと変わります。

ここに表示されている受付番号とメルカリに表示されている受付番号に相違がないか確認しOKをタップすることで発送作業は完了です。

PUDO操作

PUDOはご利用主控えは発行されませんのでかならず上記の手続きが正常に完了した画面を確認しましょう。

これだけでPUDOからの発送は完了ですからとても楽でかんたんですよね。

PUDOを使う際の注意点

非対面で発送作業も短時間で済むPUDOはとても便利なのですが注意するポイントもあります。

PUDOで1番気をつけたいのはネコポスの発送なんですね。

メルカリの匿名発送で1番安い発送方法はネコポスですから普段から多用している方が多いのではないでしょうか?

このネコポスで発送をするには荷物の厚みを3cm以内に収めることが条件になっています。

通常ヤマト運輸の窓口での発送手続きでしたらその場で計測をし荷物の引受となりますよね。

ですがPUDOの場合はロッカーから配達員の方が営業所に持ち込んだあとにサイズの計測となります。

つまりPUDOでは3cmをわずかにオーバーしている荷物でもそのまま発送の手続きができてしまうということです。

その場合メルカリでは自動でネコポスから宅急便に変更され発送となります。

3cmオーバーの場合は宅急便60サイズの発送に切り替わりますから送料が175円→700円へ変更となり、売り上げから送料分が引かれてしまうんですね。

ですが本当にコワいのは商品の売り上げが700円もなく送料分が不足してしまう場合です。

売り上げ金で送料が足りない場合は不足分をメルカリが代わりに支払います。

またその不足分に関してはあとから請求されることもないんですね。

ですがそのようなメルカリに対する迷惑行為をしてしまうと何かしらのペナルティが課せられる可能性がとても高いです。

メルカリで物販をしている方であればメルカリからのペナルティは絶対に避けたいですよね。

ですからPUDOで商品を発送する場合は必ずサイズをしっかりチェックしたあとに発送するようにしましょう。

僕も使っていますがコレめっちゃくちゃ便利ですよ。

まとめ

今回はメルカリで売れた商品をPUDOで発送する方法についてまとめました。

1度PUDOを使った発送の手軽さに気付くと他の発送方法を使うことに躊躇してしまうほどPUDOは便利です。

PUDO自体の操作も慣れてしまえば30秒ほどで完了してしまいます。

それに24時間365日いつでも非対面で発送作業ができるのは大きなメリットですよね。

こちらにPUDOを何度も利用していて感じた気をつけるべきポイントをまとめています。

タイトルとURLをコピーしました