メルカリで商品を売れやすくするために重要なたった3つのコツ。

メルカリ出品のコツ 副業

メルカリで商品を出品するときにちょっとした工夫をすることでビックリするほど商品が売れやすくなります。

逆に良い商品であったとしても出品の仕方によっては購入者に魅力が伝わらないこともあります。

しっかりコツをおさえて出品すれば売れるはずなのにもったいないですよね。

今回はメルカリで商品が売れやすくなる出品のコツ3つをメルカリで物販歴5年以上の僕がまとめました。

「なかなか商品が売れなくて困っている…」という方はこれらの方法を試すことで商品が売れやすくなりますよ。

メルカリで商品を売れやすくするコツ

・商品価格の末尾は9にする
・商品写真は最低でも6枚以上
・商品の背景にこだわる

次の出品から実践できるものばかりですので試してみるのがおすすめですよ。

それぞれ細かく見ていきましょう。

商品価格の末尾は9にする

9

メルカリで売る商品の価格を決めるときになんとなく1000円だったり800円など末尾が「0」のキリの良い価格にしていませんか?

これ実はすごくもったいない出品の仕方です。

1000円で売りたい商品であれば999円、800円で売りたい商品は799円と1円値下げして商品価格の末尾を「9」にするべきです。

1円でも高く売りたいから値下げなんてしないよ

出品している方はこう思いますが逆に購入する方は1円でも安く商品を購入したいはずですよね。

実はメルカリでの1円値下げは購入者にとっては1円の得ですが出品者は1円も損をしません

・1000円で商品を販売した場合

1000ー100(メルカリの手数料10%)=900円(利益)

・999円で商品を販売した場合

999ー99(メルカリの手数料10%)=900円(利益)

メルカリの販売手数料は10%ですから9円に対しては手数料が1円もかからないんですね。

そのため1000円で売っても999円で売っても利益は1円も変わりません。

また末尾を「9」にして売るメリットは他にもあります。

・価格の安い順に並べ変えたときに上位表示される

・たった1円の違いでも価格の桁が変わることで購入のハードルがグッと下がる

これだけたくさんのメリットがありますから実践しない理由はありませんよね。

また商品価格の末尾を9にするメリットはコチラでさらに詳しくまとめています。

商品写真は最低でも6枚以上

写真

メルカリの商品写真は最低でも6枚以上は掲載するようにしましょう。

メルカリで購入者は商品の状態を「商品写真」と「商品の説明」だけで判断しなければなりません。

いくら商品の状態が「未使用に近い」になっていたとしても商品写真が1枚しかなければ本当に美品なのか購入者は判断することができませんよね。

あくまで商品の状態は主観的なモノですから購入者は満足できない商品が届くリスクを恐れて購入を迷ってしまいます。

そのため商品の全体像や個々のアップの写真など最低でも6枚以上、できれば上限の10枚まで掲載するのがおすすめですよ。

また傷や汚れがある場合は必ずアップで撮影して掲載することで無駄なトラブルを防ぐこともできます。

自分が出品する前に商品名で検索し同じ商品、同じ状態で出品しているライバルがいないかを必ず確認します。

もしライバルがいる場合はその商品ページの写真をじっくりチェックしましょう。

その商品ページの写真より枚数を多く、かつ詳細な写真を掲載することでライバルより少し価格を高くしても自分の商品が先に売れます

後出しジャンケンが堂々とできるので出品前の商品リサーチは必ず行いましょう。

商品の背景にこだわる

シンプル

商品の写真を撮影するときの背景にはこだわりましょう。

こだわると言ってもシンプルに白布や白い板などで背景を白にするだけで充分です。

背景をシンプルな白地にすることで清潔感もでますし、商品を際立たせることもできます。

たまに商品のまわりに装飾品などを置いた写真を掲載している方もお見かけしますが商品が際立たず効果があるかは疑問です。

また床に直置きでの撮影は清潔感が皆無ですので絶対に避けましょう

メルカリで商品を探している人は欲しい商品が納得のできる価格、状態で販売されているか?を確認しています。

検索結果に一覧で表示される小さい写真をスクロールしながら条件に合う商品を探しているんですね。

そんな中でゴチャっとした写真や暗い写真は目にもとまらず流れていってしまいます。

ですから少しでも目立つために写真は明るく、背景は白でシンプルにして商品を強調することがとても重要です。

僕も実際に商品撮影をするときはライトアップ+白背景で商品が写真枠いっぱいに収まるよう撮影しています。

背景は白い布やフェルト、紙なんかでもとにかく白ければなんでもOKです。

ライトアップにはこのようなクリップタイプが使いやすくておすすめですよ。

また小物なんかはこのようなミニ撮影スタジオが便利かもしれませんね。

黒背景のほうが商品が際立つのではないか?と考え一時期、黒い背景で出品をしていたときもあったんですね。

ですが明らかに白背景のほうが閲覧数も購入数も良かったためすぐに白背景に戻しました。

またすべての商品を白背景で揃えることで自分の出品者ページにも統一感や清潔感がでますから白背景が最適といえます。

まとめ

今回はメルカリで売れない商品を売れるようにする出品のコツをまとめました。

どの方法もむずかしいことはなく今日からすぐに試せるものばかりですから実践してみるのがおすすめですよ。

おそらく今まで売れなかった商品も売れるようになるかと思います。

もしメルカリで思ったように稼げない…という方は完全在宅でスキマ時間に仕事ができる「コールシェア」がおすすめですよ。

コールシェアに関してはコチラからすぐにチェックできます。

タイトルとURLをコピーしました