「メルカリ」3cm以上4cm未満で最安!ゆうパケットポストの送り方

ゆうパケット送り方 副業

メルカリでの匿名配送で最安の発送方法はネコポスですが荷物の厚みが3cm以内であることが条件になっています。

対してゆうパケットポスト発送用シールでは荷物の厚みが4cm以内であれば205円で匿名配送を利用することができるんですね。

しかもゆうパケットポスト発送用シールを利用すれば24時間いつでも非対面で発送作業を行うことができます。

今回はそんなゆうパケットポスト発送用シールの発送方法を詳しくまとめました。

またそもそもゆうパケットポスト発送用シールって一体なに?という方はこちらが参考になるかと思います。

ゆうパケットポスト発送シールの送り方

ポスト

メルカリの匿名配送には「らくらくメルカリ便」と「ゆうゆうメルカリ便」の2つの発送方法があります。

ゆうパケットポストを利用するには発送方法をゆうゆうメルカリ便に設定して出品する必要があります。

らくらくメルカリ便ではゆうパケットポストの発送はできませんので注意しましょう。

発送用シールを準備する

ゆうパケットポスト発送用シール
日本郵便公式サイトから引用

上記のシールがゆうパケットポスト発送用シールです。

このシールを梱包した荷物に貼り付けて発送しますからまずはシールを購入する必要があります。

ゆうパケットポスト発送用シールは郵便局かローソンで購入することができるのですが郵便局とローソンでは販売価格が違いますので気をつけましょう

郵便局では20枚1セットで100円(1枚あたり5円)ローソンでは10枚1セットで75円(1枚あたり7.5円)で販売しています。

少しの差ではありますができるだけ送料を抑えたいという方は郵便局で発送用シールを購入するのがおすすめです。

ゆうパケットポストの送料が全国一律200円ですから発送用シールの値段と合わせて一通あたり205円でゆうパケットポストを利用することができますよ。

商品が売れたあとの手順

それでは実際に商品が売れたあとの手順をまとめました。

メルカリ梱包

まずは上記のように梱包した商品にゆうパケットポスト発送用シールを貼り付けましょう。

貼り付け位置の指定はありませんので配達する方が見やすく、配送中に剥がれないようにしっかり貼り付けます。

これで荷物側の準備は完了ですから次にメルカリの画面操作となります。

メルカリ発送

上記の取引画面で郵便ポストに投函を選択し2次元コードを読み取るをタップしましょう。

二次元コード読み取り

するとスマホのカメラが起動し2次元コード読み取りができるようになります。

ゆうパケットポスト発送

発送用シールの2次元コードは上記の赤枠の部分に記載されていますからスマホで読み取りましょう。

メルカリ発送

読み取りが完了すると上記の画面に自動で切り替わります。

この画面が確認できたら梱包した商品をポストに投函します。

投函後にポストに投函したので、発送通知をするをタップし発送作業は完了となります。

発送作業はたったこれだけですからめちゃくちゃ手軽でかんたんですよね。

発送控え

上記の発送用シールの台紙に残った部分は送り主の控えになりますので購入者のもとへ届くまでしっかり保管しておきましょう。

ゆうパケットポスト発送用シールで送れるサイズは?

メジャー

全国のポストから24時間いつでも発送ができるゆうパケットポストですが発送可能な荷物のサイズが気になりますよね。

以下にゆうパケットポスト発送用シールのサイズの条件をまとめました。

3辺合計60cm以内(長辺34cm以内)
郵便ポストに投函可能なもの
重さ2kgまで

あれ?と思った方も多いかと思いますがゆうパケットポスト発送用シールには荷物の厚みに細かい決まりがないんですね

つまり郵便ポストに投函ができる厚みであればOKということです。

日本のポスト

ちなみに上記のような大型郵便に対応している新型のポストであれば右側の投函口の厚みは約4cmあります。

そのため梱包後の厚みが3cm以上4cm未満の荷物はゆうパケットポスト発送用シールで発送するのが最適解といえます。

ちなみに僕も以前梱包後の厚みが4cmピッタリの荷物をゆうパケットポスト発送用シールで送りましたが全く問題なく購入者へ届きましたよ。

おそらく郵便ポストに投函できた時点で厚みに関してはクリアとしているんだと思います。

また荷物の厚みを計測するのにコレがめちゃくちゃ便利です。

僕も使っていますが安いのにかなり重宝しています。

まとめ

今回はゆうパケットポスト発送用シールの送り方をまとめました。

ゆうパケットポスト発送用シールを使うことで3cmの壁を気にしなくてよくなるのは大きなメリットですよね。

また3cm以内の荷物であればらくらくメルカリ便のネコポスを利用するのが最安となります。

ネコポスであればPUDOを利用して発送作業が行えます。

PUDOの使い方に関してはこちらにまとめていますから参考になるかと思います。

タイトルとURLをコピーしました